プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 元来が意図的過ぎる音が嫌いなので、知ってても使いたいとはあまり思わないタップエコー・・だったが・・
 昨日のイベントでの弾き語り・・何故か頭にエコーが響いてしまい、タップエコーが出来る機材はうちの中になかったかしらと調べたら、あった・・SPX-990
 こいつは使える音は結局1番のアンビエンスかなとずっとそれで通してきたんだけど、そうか・・タップエコーか・・38番のユーザーメモリー化すると楽かも・・
 んで、使ってみたらいいじゃんこれ・・

 昨日のイベントは前半カラオケ・・う~ん・・あまりイジリようはないよね・・でも、レンタルのカラオケマシンのカラオケレベルのあまりの違いに愕然・・でも、まぁレベル調整は基本中の基本。

 んで、生バンド部門。しょっぱなの長渕ナントカさんのコピー弾き語り君の歌い方を見てて普通のリバーブだけではねぇ・・となったのだな・・

 タップエコーの機能を持った機材は結構ある・・最近のはね・・TCさんからはえらく使いやすいのも出ているし・・
 が、自前機材・・それも15年以上前の機材でできると思っていなかったのは不覚!(不精なのがバレバレ!)

 もっとも、タップできる状態に持っていくのはマニュアルだけでも結構大変・・前提の解説がちょっと足りない。

 まぁ、結果として出演者にもリスナーにも好評だったのでよしとするか!

 とはいっても、手法的解説をちょっと・・

 経験者には当たり前であるが、タップディレイは、ある間隔で音を繰り返し出す効果を狙うもの・・

 「なんとかかんとか・・なんとかかんとか・・なんとかかんとか・・・・・・・」

 と言うようなものだ・・

 したがって、言葉が続くところでやらされると、言葉がごちゃごちゃして聞き取りにくいってありゃしない・・
 これは同時に大勢が話しだすことに似てしまう・・どれを聞きゃァいいんだ!・・ってなもんだ・・

 よって、言葉のエンド・・つまりフレーズのエンドに生かすことが大事。
 それまではじっと耐えて、フレーズのエンドで一気にこれでもか~!っと突っ込むとミュージシャンも大満足!リスナーもエクスタシー!ってなもんだ・・

 たしかに臭い・・否定はできない!・・が、世の中、おいしいものはたいがい臭いのだ!と、割りきって、さあ!タップエコーだ!

 おっと!・・嫌いなミュージシャンもいるから、そこはミュージシャンのご機嫌を損ねないようにね・・
スポンサーサイト
音響操作 / 2009/12/28 21:23
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
我がふるさとに江戸時代中期に発祥したという「生保内(おぼない)節」なる民謡がある。
で、この全国大会成るものが有るのだな・・
一日で280回も同じ曲を聴くという試練を与えてもらっているのだが、この曲、歌い出しの歌詞が「吹けや、生保内東風(おぼねだし)」と始まり、途中で何回も「吹け」という言葉が出てくる。

もうお題からして分かったと思うのだが、この「ふ」のところで見事に吹かれてしまうのよね・・「ばふ!」つって・・

マイクを選び、ウィンドスクリーンに凝り、コンプの設定に凝り・・と、いろいろ試したが、結局ダイナミック系のマイクで後は手コンプが一番と言うことになった。

さて、手コンプ・・分からない人のために説明すると、なんのことはない、でかい音の時に瞬間的なフェーダー操作で対応すること、その能力、となる。

で、この大会を担当し続けて身についた技がある。

この吹かれと言う現象、「ハヒフヘホ、パピプペポ」で特に顕著に発現するのだ・・

ならば歌詞の分かっている曲の場合、予測が立つ。

さらに、歌い出しの直前「ヒィ~~」と肩で大きく息を吸うような人は歌の訓練が足りてない・・従って吹かれも大きい・・と予想できる(かなり高確率)。

よってそのハ行、パ行の歌詞の一文字だけ瞬間的に手コンプをすればよい。

スムーズ且つ正確に手コンプをするためには、中指、ないしは人差し指で唄のフェーダーを操作するものとすれば、親指を目標ゲインリダクションのところにおいてストッパーにすればよい。安定的且つスピーディ、しかもゲインリダクション量が変化自在な手コンプの完成。

この歌詞で予想、あるいは相手の力量で予想・・予備動作で予想・・と言うことは電気式コンプでは不可能で、もちろんコンピュータを駆使しても無理。

人間ならではの技として活用できる人はしていただきたい。
ゲインリダクション量?
普通に聞こえる量!
音響操作 / 2006/12/22 23:42
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 さて、本日ミュージカルを鑑賞してきた。紺屋の白袴ではないけれど、イベント日は重なることが多く、なかなか他の小屋で観客となることが出来ないことが多い。

 で、今日の舞台。

 全体に帯域が中域に寄っている。
 アレンジがとぶつかる事が多い。
 3声の対旋律的に、しかも詞も違うという面白い着眼点があるにも関わらず、定位が密集している・・
 場面転換時などのリバーブの思い切りが悪い・・

 あたりが気になった。

 特にアレンジ上邦楽器が多いので、もろにとぶつかる。

 これは邦楽器と日本語の制約からどうしようもない部分であるが、だからこそバランスには細心の注意を払いたいね。

 まぁ、アレンジにまで口を出せることは少ないかも知れないので、こういうときは演奏側の中域をカットして、台詞が浮き立つようにしないと、観客は言葉を聞き取れなくなってしまう。

 ストーリー性のあるものは、特別な演出意図がない限り台詞だけはどこでも聞こえるようにしなければいけないと思うが・・

 また、うるさくなく、且つ迫力が感じられるように、帯域調整はしておきたい。
 低音域は特に注意。下手すると飛ばすしね。

 それと、3人で全く違う詞で、旋律も違い、しかし一つの曲という面白いアプローチがあった。

 男性3名なので難しいとは思うのだが、各自の声の特性からブースト帯域をちょっとずらし、かつ定位を左右振り切りとセンターとに分けると、観客が各々の台詞を楽しめる率がぐんと上がったと思う。

 われわれ舞台音響のプロとしては、オーディオ的バランスがいいとか悪いとかではなく、舞台そのものから注意がそれないようなオペレートを心がけるべきでないかな・・
 観客が音響を意識したりする・・と言うこと自体、失敗なんだよね・・

 っと、ポン出しタイミング自体はほとんど完璧と言って良かった。ここら辺は素晴らしくトレーニングされているし文句はありません。お疲れ様。^^
音響操作 / 2006/12/03 00:41
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
ポン出し系の話題が続いているんで、もう一つ。
ポン出し系の仕事は音を出すタイミングが問題になることが多くて、無事音を出せた段階でどうも気が抜けるのか、そのままボーッとしていたり、次の素材のチェックに余念が無くなる人が多い・・
で、DTM系の人が作った素材に多いのだが、ダビングを重ねられた演歌でもよくあることで、妙に歌が小さい、細い、ギターソロなど、ソロ楽器が妙に小さい(押し出し感がない)などと言うことがある。
これを「録音がひどいよねぇ・・」などとそのままにしている人が結構多い。

でもそのことはそこに来ているお客さんには何にも関係ないのよね・・結局楽しめなかったらまぁミキサーとしての評価はともかく、イベント自体が楽しくない・・と言う状態になるじゃない?
だから「普通」に聞こえるよう調整することが大事だと思う。
特に主要楽器(歌も含め)の張り出し感などは中域のEQ操作とフェーダーのちょっとの操作で全然印象は変わるはず。
ここら辺を手抜きせず、きっちりと仕事をするべきだと思う。
歌の印象、ソロ楽器の印象、ビート系の曲なら低域の調整など、いくらでもすることはあるし、それによってイベント全体の印象が大幅に変わると思う。
「録音が悪いんだよね・・声量がないんだよね・・」などとよそに原因を押しつけることは極力止めよう。

どんなにひどい素材でもなんとか普通っぽくする技は前スレでお伝えしたとおり・・
たしかに極端に歪んでいたり途中でぶっつり切れていたりするものはぼやきたくもなるけどね・・^^;;
音響操作 / 2006/11/20 09:40
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
さて、細かいテクニックはともかく、ミキサーのダイナミックレンジが有限である限り、レベル合わせが基本中の基本であることは間違いないですね。
アマチュアや、初心者の卓は見れば一発で分かる・・などと言われる所以でもあります。

良い卓ほどきっちりレベルがあったときには実によい音を出してくれるものです。

楽器にも依るのですが、まずはボイスでかなり大きい声の時にピークが付くか付かないか・・ボイスというのは存外レベルが高いので、これで合わせておくとまず各マイクの基準が取れます。特に出演者や楽器が判明していないアバウトなイベントでは基本です。
ゲイン調整の最初の段階ではフェーダーは上げず、ソロ検聴しながら合わせることをお勧めします。他の機器に影響も出しませんし。
今はかなり安い卓でもソロ検聴ができますよね。

この段階で通常のボイスでは気持ち振り切ってないかな・・ぐらいが使いやすいのではないでしょうかね・・本番では皆かなりレベルが上昇しますから。

各モジュールでの適正レベルと、サミングアンプの適正レベルは悩ましい問題で、各モジュールがフルテンで動いていると、各入力をミックスしたときにサミングアンプでサチる・・と言う事態を招きます。特に単純に全部をLRマスターに送ったときは顕著ですね。

ここの案配は経験を重ねていただく必要があるのですが、こういう問題が起こるよ・・という点を意識しながらオペレートする癖が大事かなと。

さて、サミングアンプまでうまく合わせ込めた・・として、最後のマスターフェーダーを基準点に持って行ってオペレートするべきか・・これは終段のアンプの問題も含めよく考えなければいけません。

終段のアンプのゲインつまみはもちろん振り切りがもっとも音がよいです。でも不用意な操作でスピーカーやアンプを飛ばす原因にもなりますね。
ここでフルテンにして卓のマスターを下げておく。10-20程度。
これはミキサーの出力を低めにしておくことで、操作上の余裕を持たせられる・・特にイベント終盤の盛り上がりで突っ込める余地があることですね。
が、概してSNは悪化しがち・・終段がフルテンで、しかも本線系のレベルは下がっているわけですから・・

逆にミキサーはほとんど基準レベルにして、終段のアンプを若干絞っておく。
これは本線系のレベルが高いのでSNは良くなります。
が、突っ込まなければいけないときにフェーダーがドン突きになってしまう・・イコールミキサー卓自体に余裕がないと卓でひずむ・・と言う状況になります。

まぁ、イベントの性質、音楽の種類などから適宜この中間点のいずれかを選択しているわけですけどね・・

そう言う意味ではアンプ前段にゲインのリモート調整機能があると調整余地はグンと豊かになります。

いずれ、アンプは振り切り直前がもっとも良い音がするというのは経験的にも言われていることで、これをどう料理するか・・腕の見せ所でもありますね。
微妙に歪み始めたあたりがもっともいい音だという意見もありますし・・
音響操作 / 2006/11/11 11:32
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。