プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 つい最近、日本舞台音響家協会の理事仲間の方が、学校でのMSマイクでのサラウンド収録の実習の模様をアップされていた。
 センターに双指向性マイクをセットし、その上下にカーディオイドマイクを前後方向に2本。
 センターのマイクを共用し、上下のマイクとのマトリクスでサラウンドを撮ってしまおうという試みと思われた。

 まぁ、そこでカーディオイドマイクを思わずオムニか?などとお間抜けなコメントを入れてしまい、恥をかいたわけだが・・

 で、以前から暖めていた双指向性マイク二本でなんとかサラウンドを収録できないかという漠然とした考え(簡便な実験は何回かやったがあまりよい成果は出ていなかった・・)を、あらためて整理して、理論的バックボーンを固めてしまおうかと以下のとおりのレポートをまとめてみた。

https://www.evernote.com/shard/s12/sh/71c450b7-d1e1-4650-9b4c-68e94dcbb0bb/8e858344b99782cc5c39f16af3cdb1c9

 PDFファイルなので、大概の方が読めるだろうと思うので、理論的におかしいとか、計算間違っているぞ!とかありましたらどんどん突っ込みを入れていただければ幸い。

 もしこれがうまく機能すれば、ちょっとした治具で三点吊りに吊り込んだりといった常設使用に使えるし、また、レコーディング時の記録チャンネルを最小にしたり(まぁマイクの素の音を録る分には2chで済むし・・)、といったメリットがありそうです。

 広がり感の調整やなんかは、後でいろいろいじれる可能性もある。

 現実に理論通りに物事が進まないことはよくある話なので、こりゃ使い物にならんと言うこともあり得る・・けれど、まずは一度は考えて見ることが大事かなと・・

 当方、いまいろいろと問題を抱えていて実験できる見通しが立たないので、どなたか遊んでみるか・・程度の感覚で実験してみていただけたらうれしいです。
スポンサーサイト
Recording / 2011/12/18 10:53
コメント⇒3 / トラックバック⇒0
あ~・・録音時のトラブル話はしたけれど、結局なんとやって録ったかは話してなかった。

蓄音機事態は家具タイプのアーム兼スロートの部分が下に向かい、ケース内のホーン形状が折り返して正面に向かい、家具のような観音開きの扉で音量調整も可能な物・・音質も変わるけど・・

 オリジナルの高さは50センチくらいの足が付いているので、机程度の高さの天板部となる。
 床にホーンが近いと判断し、6寸箱足で嵩上げ。

 これに、210に付けたGベロ、EarthWorksのM30、38B、AT871R(バウンダリー)を準備し、評価の良い物からステレオの各チャンネルに録音することとした。モノだし・・

 で、バウンダリー以外はホーン開口部から3m程度。バウンダリーは2m程度の位置にセット。

 会場は30畳程度の他孔壁の練習室。

 蓄音機とマイクの間の床には反射を嫌って茣蓙を重ね敷。

 なんでホールじゃないのってば、邦楽だし・・まさかオケみたいにホールトーンとはいかんでしょ

 30年近く前に古民謡を録音した時も結果が良かったし・・(こちらは生演奏)

 民族芸術研究所の方々と視聴を繰り返し、M30とバウンダリーで記録することに。

 邦楽器は不思議と国産マイクがそれらしくなるという点、リボンはトランジェントのきつい部分イナしてくれる点を考慮しても、所詮SP盤・・それほどの帯域もトランジェントもなかった・・
 んで、歌と三味の明瞭度を買ってこの選択に。

 蓄音機自体のトラブルを解決し、盤面のコンディションを整備し、最後はDATに納めた。
 DAWもあったけど、HDDのノイズが気になって取りやめ。

 ミキサーは往年のアメリカから輸入した200B.
 その出力をBehringerのSRC2496をADコンバータとしてTASCAMのDA302で記録。このADコンバータ・・バカに出来ない良い音がする。デジタル分配器としても、クロックジェネとしても使用可能。

 これからPCに取り込んで編集し、ノイズ取りを行ってレベル合わせ、尺あわせを行って最終的な納品物に。

 まだまだ仕事は続く・・
Recording / 2011/03/03 19:53
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
波乱万丈のSP盤録音でした。

まず・・お借りした蓄音機、まともに回らない・・前にお借りしたときは普通だったので、この時点で予定外。

ゼンマイが切れるほど巻いても、ある程度リリースしても駄目・・ガバナーをどう調整しても駄目・・

で、アーム自体の角度がある程度付いても再生可能なことを利用して、古いプレイヤーのターンテーブルを利用。(78回転が可能。これをケースから外して当該蓄音機に斜めにセット・・ダイヤフラムのケースが触れないようにセットし、何とか録音を開始。

最初に出たトラブル。
え?サウンドオンサウンド?輪唱?テープゴースト?のような音が・・
皆で首をかしげる・・まさか昔デジタルディレイはなかろうて・・
ターンテーブルの角度によってアームの針圧が不足したか?

で、とうとう何枚かしてトルク不足により正常に回らない現象が・・

元の蓄音機に戻したりあれこれやっても駄目・・

とにかく音がでるとすぐ止りそうになる・・

で、もしやと試したのが、アルコール洗浄ならぬ、グリースアップ。

どうもレコード盤面が磨耗して摩擦係数が増大しているのではないか・・ということで、スプレーグリスでコーティングとクリーニング。
見かけは新品っぽく光る。オリジナルは白ボケっぽかった。

で、試した見たらがぜん調子よい。
各楽器の分離も向上。ノイズも減った!
で、各盤面をコーティングして再録音。

で、無事終了。

いや~SP盤の収音でこんなまねをした人はいないんじゃないかなぁ・・

でも、音質は間違いなく向上、S/Nも向上。明瞭度も向上。
長期保存性がどうかはちょっと心配。

ということで、ちょっとした裏技・・って、だれもSP盤なんか使わんか・・
Recording / 2011/03/02 17:13
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 佐藤貞子と言う民謡歌手がいた。
 私の弟が産まれた年に亡くなっているので、知らない人が殆どか?

 地元出身で、秋田民謡を全国に広めた立役者である。

 ちょうど、同時期に安來節も全国で流行ってるなぁ・・

 民謡歌手ではもっとも古い録音を行った内の1人であるが、余りそのレコードが残っていない。

 機械録音から電気録音に移行する時代のことであり、また、ゼンマイ式の回転機構故正確な回転数がよく分からないと言うこれまた超アナログな話。盤面の回転数標記もまちまちで、まぁ、当時はどうでも良かったんだろう・・

 で、秋田県内は合川町に時計屋さんがあって、そこで貞子のレコード発見!と言うニュースを聞いたのは10年以上前。
 当時の館長とわざわざ借りに行ってDATに記録はした。

 しかし、当時用意できたのは電気式のプレイヤー。サファイヤ針などが付いていて、残念ながら盤面に新たに傷を掘り込んでいくような状況で、決して良い録音とは言えなかった。
 SP盤の持ち主も蓄音機マニアで、蓄音機の方が音が良いと言ってたのはまさに正解だったのだな。

 で、月日は経ち、良いコンディションの蓄音機を借りられる環境がある。いつもお世話になっているはちみつ屋の社長の持ち物。木製キャビで音も良い。

 が、肝心のSP盤がなかなか借りるあてがない・・合川の時計屋さんはとうにお亡くなりになられ、歴史民族研究者の間で、何とかどこかにないか?と話題にしていた。

 今回、文化庁補助事業として取り組んでいる佐藤貞子研究の一連のイベントの中で、新たに持ち主が発見され、これをお借りすることが出来た。

 今度こそは良い録音をと、蓄音機も本日借用してきた。

 で、3/2には記録会の開催。

 録音はどうせモノラルではあるが、大径コンデンサー、小径無指向コンデンサー、リボンマイク、バウンダリーマイクから選択の予定。部屋の選定も大変だけどね・・

 ものが民謡だけにホールトーンなどと言うやり方は似合わないと思うし・・

 昔、古民謡を収録したときの練習室かな?と検討中。
Recording / 2011/02/27 17:06
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 サラウンドばやりの昨今、何でいまさらダミーヘッドと言う意見もあろうかと思いますが、秋音協(秋田県音協技術者協会)のセミナーと言うか、20周年記念事業の一環でお前作れと言う話になった・・

 ダミーヘッドと言えばかの有名なアーヘナーコプフ・・さる有名なミュージシャンから「あのノリの悪い奴をこのスタジオから追い出せ!」(ちょっと違ったかも)と言われたと言うのは有名な話・・

 と言うことで、ライブマスクタイプのマネキンを探すことになった。

 マネキンと言うと、学生時代、バンド仲間がデパートでの催事用にマネキンを納めていた会社でバイトしていた。
 と言うことでマネキンのタイプは意外なことに良く知っていたりする。さすがにデスマスクタイプは無いと思うが・・

 で、昨今の服飾デザインの世界では、ライブマスクタイプは主張が強すぎて使わないんだと・・

 さて、そのマネキンに組み込むマイクである。

 まさか耳道や蝸牛管を再現する気力は無い・・よって大きく分割して小型のマイクを組み込むことになると思うんだけど・・

 今回の研修テーマはフィールド録音の局地化。
 もちろんクリーニングハンガー応用のイヤーヘッドマイクも作るんだが、ダミーヘッドも捨てがたい。

 耳朶による位相変化など興味深いテーマも沢山あるにしても、目の前の仕事はダミーヘッドの自作だな・・
Recording / 2009/10/23 22:28
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/ 次へ
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。