プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 サラウンドばやりの昨今、何でいまさらダミーヘッドと言う意見もあろうかと思いますが、秋音協(秋田県音協技術者協会)のセミナーと言うか、20周年記念事業の一環でお前作れと言う話になった・・

 ダミーヘッドと言えばかの有名なアーヘナーコプフ・・さる有名なミュージシャンから「あのノリの悪い奴をこのスタジオから追い出せ!」(ちょっと違ったかも)と言われたと言うのは有名な話・・

 と言うことで、ライブマスクタイプのマネキンを探すことになった。

 マネキンと言うと、学生時代、バンド仲間がデパートでの催事用にマネキンを納めていた会社でバイトしていた。
 と言うことでマネキンのタイプは意外なことに良く知っていたりする。さすがにデスマスクタイプは無いと思うが・・

 で、昨今の服飾デザインの世界では、ライブマスクタイプは主張が強すぎて使わないんだと・・

 さて、そのマネキンに組み込むマイクである。

 まさか耳道や蝸牛管を再現する気力は無い・・よって大きく分割して小型のマイクを組み込むことになると思うんだけど・・

 今回の研修テーマはフィールド録音の局地化。
 もちろんクリーニングハンガー応用のイヤーヘッドマイクも作るんだが、ダミーヘッドも捨てがたい。

 耳朶による位相変化など興味深いテーマも沢山あるにしても、目の前の仕事はダミーヘッドの自作だな・・
スポンサーサイト
Recording / 2009/10/23 22:28
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。