プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 先般、大先輩から後進のための本を作るので、お前も意見を!と言われ、ある事ない事をお答えして愚見を披露したのだが・・

 その意見を考えている途上感じたこと・・と言うか・・前々から考えてはいたのだけれど・・

 日本人は視覚的民族であると中学時代の恩師から教えられたことがある。

 日本人は典型的な目からの情報に特化した民族で、ヨーロッパは耳が発達しているのだとか・・

 さて、翻って日本の音響業界のマスの小ささを思うとき、思わず悲しいものが漂う。
 InterBEEに行っても音響エリアの小ささは言うまでもなく、韓国にも及ばないのではないか・・と思ってしまうね・・っとこれは韓国を卑下しているのではなく、人口比から想定される絶対マーケットサイズの意味ね・・

 で、なんでこんなに音響は重要視されないのか・・
 これは、コミュニケーションを軽視している社会風潮があるのではないかなと・・

 人類はなぜ人類たりえるか・・

 これは、偏に言語を利用したコミュニケーション手段を獲得したことに尽きると思う。
 これによって、霊長類からも抜きん出たわけだ・・

 視覚能力なら人間以上の生物は沢山ある。文字情報も言語が発達したあとのことで、未だ文盲率の高い地域は沢山ある。それでも高い文化は成立しているのだ・・

 何ゆえか・・

 そう・・言葉の力=コミュニケーションの力・・なんだな・・

 人と人を繋ぎ、相手をより高いレベルで理解しよう、共感しよう・・という、この能力に書かせないのが言葉・・そしてそれを媒介する音なのだな・・もちろん、コミュニケーションには表情なども大切だけど、表情だけでは危ない・・
 笑いの表情は怒りを途中で止めた形であるとの研究を見聞したことがある・・それぐらい危ない要素が多いのだ・・

 さて、翻って考えると、音の仕事の重要性がひしひしと感じられない?

 良い音とか原音なんて知らないけれど、言いたいことが伝わるかどうか・・はすごい重要だよね・・

 言いたいことの中に、音楽的表現とか、演劇的表現とか芸術的表現も含めると、我々の仕事と言うのは、伝えたいものを持っている人と、それを受け取る人をつなぐ・・つまり、コミュニケーションの根源に携わっているのだと思うのね・・

 過剰言語の洪水にうもれている今だからこそ、コミュニケーションの達人としての音響屋の意義は深まっていると思うんだけれどねぇ・・
 だれも、こういう側面から音響を語る人はいないのかな・・
スポンサーサイト
音響総論 / 2009/12/30 23:55
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
 元来が意図的過ぎる音が嫌いなので、知ってても使いたいとはあまり思わないタップエコー・・だったが・・
 昨日のイベントでの弾き語り・・何故か頭にエコーが響いてしまい、タップエコーが出来る機材はうちの中になかったかしらと調べたら、あった・・SPX-990
 こいつは使える音は結局1番のアンビエンスかなとずっとそれで通してきたんだけど、そうか・・タップエコーか・・38番のユーザーメモリー化すると楽かも・・
 んで、使ってみたらいいじゃんこれ・・

 昨日のイベントは前半カラオケ・・う~ん・・あまりイジリようはないよね・・でも、レンタルのカラオケマシンのカラオケレベルのあまりの違いに愕然・・でも、まぁレベル調整は基本中の基本。

 んで、生バンド部門。しょっぱなの長渕ナントカさんのコピー弾き語り君の歌い方を見てて普通のリバーブだけではねぇ・・となったのだな・・

 タップエコーの機能を持った機材は結構ある・・最近のはね・・TCさんからはえらく使いやすいのも出ているし・・
 が、自前機材・・それも15年以上前の機材でできると思っていなかったのは不覚!(不精なのがバレバレ!)

 もっとも、タップできる状態に持っていくのはマニュアルだけでも結構大変・・前提の解説がちょっと足りない。

 まぁ、結果として出演者にもリスナーにも好評だったのでよしとするか!

 とはいっても、手法的解説をちょっと・・

 経験者には当たり前であるが、タップディレイは、ある間隔で音を繰り返し出す効果を狙うもの・・

 「なんとかかんとか・・なんとかかんとか・・なんとかかんとか・・・・・・・」

 と言うようなものだ・・

 したがって、言葉が続くところでやらされると、言葉がごちゃごちゃして聞き取りにくいってありゃしない・・
 これは同時に大勢が話しだすことに似てしまう・・どれを聞きゃァいいんだ!・・ってなもんだ・・

 よって、言葉のエンド・・つまりフレーズのエンドに生かすことが大事。
 それまではじっと耐えて、フレーズのエンドで一気にこれでもか~!っと突っ込むとミュージシャンも大満足!リスナーもエクスタシー!ってなもんだ・・

 たしかに臭い・・否定はできない!・・が、世の中、おいしいものはたいがい臭いのだ!と、割りきって、さあ!タップエコーだ!

 おっと!・・嫌いなミュージシャンもいるから、そこはミュージシャンのご機嫌を損ねないようにね・・
音響操作 / 2009/12/28 21:23
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
今時フェンダーのローズを見ることはめっぽう少なくなった・・
が、地元在住のアレンジャー兼ギタリスト兼シンセサイザープログラマの方から、「これ、突然音でなくなったんですけど・・」と持ち込まれた・・

ローズは30年近く前にチューニングを直してやって以来・・

さて、蓋を開けて・・古!・・そう、最初期に近いモデルのようだ・・

とにかくアンプを繋げてチェック!今回は下流からのチェックにし、出力コネクターから中の中継ピンコネクターまで・・はOK・・
中継コネクターからはあとコイルに直接ワイヤリングされている。

で、テスターで導通を調べたらNG・・

仕方ないのでまずはどうなっているのかのチェックをしてみることに・・

で、分かったこと。

隣り合ったコイル3本が1セットでパラってある。それが数珠繋ぎに端から端まで直列になっている。

だから3本セットで断線があると全く音がでなくなるだろうと言う結論。

で、端から導通を調べ始めたさ・・
3本パラと言う仕様故、どれか一本だけを調べるのは無理。

3本単位のシリーズになっている部分にテスターを当てて抵抗値を調べて行ってようやくトラブル箇所を発見。
なんとせんたーAのすぐ下の辺り・・

仕方ないので、オーナーと協議して一番上のブロックと交換。当然3本一セット。
が、コイルの端子部が熱に弱く、コイル自体と分離してしまう・・更にもう1ブロックを使ってようやく完了か?と、再度テスターで計るも最低音部も出てない・・これは調査したらコイル間配線が2ヶ所取れている・・
こちらを直し、ようやく音がでるようになった・・

順番に調べて行くと何個か音がでない鍵盤も・・これは3個パラの中の一つとかだな・・

回路的な解説と、実作業上の注意点をオーナーに説明して取りあえず終了。
真剣に全部直すなら相当に根性が要ること間違いなし・・

それにしても年取ると目が見えなくなって、細かい作業がしんどいなぁ・・お粗末!
雑談 / 2009/12/21 16:49
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 卓廻りやマルチボックスのセットプランを考えるとき、諸兄はどういう考えでチャンネル割をするだろうか?

 カンパニーで経歴をスタートさせた方は先輩からの継承でそのカンパニーの流儀がある場合も。
 まぁ、ツアー途中で諸事情により交代などと言うときもトラブルが少ないと言うメリットはある。それに、その流儀にもそもそもの理由と言うのはあるものだ・・

 例えば4本使いでドラムを拡声する場合、おおかたオーバーヘッド2本とスネア、キックと言う割り当てが多かろうと思うのだが、これを私はK.D、Sn.D、OHL、OHRと割り振ることが多い。これとてOHL、OHR、K.D、Sn,Dとしているところも・・あるいはSn.DとK.Dが逆のことも多い。

 アナログ卓の場合、マスターに近いところの方がバスラインが短いため、抜けが良い・・ということで、抜けが欲しい楽器をマスターに近いところにセットする・・とは、お師匠の流儀。操作は慣れが必要かとは思うけど・・
これはデジタルでは関係ないけどね・・(実はあったりしたら・・怖いなぁ・・)

 また、最も頻繁に操作するものをマスターに近い側に持ってくる・・と言うやり方も多い。これは私も安定的な現場では良くやるやり方。
 ごく一般的なコンサートなどではドラムなどは一度決めるとドラムソロ以外ではそのままいけることも多いし、ボーカルと司会は頻繁にいじるところ・・

 見通しの立たない現場では、57だけなどにして、10本くらい一列に並べ、下手からの番号で使い回す・・というゲリラ的マイクアレンジも紹介したことがある。

 この場合大事なのは、とにかく見た目と卓のチャンネル割が一致していること・・これがテレコになっていると判断が遅れ、失敗の原因を作る。瞬間的な動作を要求されるときは、自分の脳が勘違いする原因を一つでも減らすことが大事。自分を過信しない・・ということもね。

 さて、こうやって決まった卓割からマルチ割もつくり、ドラフティングテープで卓に書き込むのは皆さん良くやる。

 で、卓裏用に逆順に記載したテープも作ると、これを卓裏(マイクコネクターのところ)に貼ることで、アシスタントさんのミスが減る。
 さらにはマルチ用にもドラフティングに書き込んだものを必要枚数準備しておくとお手伝いさんにも作業してもらえる。
 でないと、全部自分が管理しなければ誰も手伝えない状況になる・・(仕込み図を見て黙々と作業できるほどスキルの高い人を使えれば幸いと言うものだが、コストは高くなるよね・・酒代かも知れんけど・・)

 とまれ、現場で時間的な余裕を少しでも作り、本番でパニックに陥らないためには、入念な計画と準備を練っておきましょう・・と言うことだな・・わざと計画しないと言う計画も含めてだけどね・・
セッティング / 2009/12/19 11:08
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
さて、式典系イベントなどでステージ横でオペ・・等という現場は結構あるものだ・・

爆音系楽器と混在などというときはなんともだが、小型のパワードモニターを卓アウトのパラ分けでミキサー前においておくと、会場内で聞く音と大体印象を合わせておくことによってハウスモニター代わりに使える。

もちろん、エアーマイクなどを別途用意できればそれに越したことはないが、無いよりずっとマシ・・
時々客席内に言って、自分の耳のキャリブレーションを行えば結構行けるんだな・・

オペに自信が付くし、自信を持ってオペするとミュージシャンも安心するよね・・

この場合のパワードモニターは音質より手軽さ・・さっさとセットできてバランス確認が出来ること。ここで手間取っていては本末転倒。
というでんでいうとPC用のが使えそうだが、ミニステレオとの変換が必要だし存外難しいかも・・
やっぱりストレートに配線したいよね。
セッティング / 2009/12/18 01:12
コメント⇒2 / トラックバック⇒0
他人の褌で相撲を取っているのをShinさんに発見されてしまったので、ついでの勢いでデジタルアンプというかD級動作のアンプが大変に音が良いという記事絡みの話を!

TA2020-020なるまぁ20W+20Wぐらいの出力のアンプ。カマデンのものを皮切りに、若松通商などからリリースされている。

どうも、ずいぶん音がいいらしいのだが、ネット上でチェックする限り多様な意見。

まぁ電源を強化しようとか、カップリングコンデンサーを音が良いでかいヤツにとか色々あるようだが、若松でキットではなく完成品があるのを見つけた・・

どうしようか・・転ぼうか迷っている。

というのも、自分で使う分には職場にはPA用大出力アンプがあり別に困らない・・というのもあるのだが、来春、2月にある研修会のテーマがデジタルネットワーク。
AD/DAを繰り返して使うのか、デジタルでリンクするのかなどの実験過程で最終段のデジタルアンプが業務ではまだないのでどこからか入手できないか・・という話が上がっているのだな・・

んで、いや~いくらなんでもラインアレイをまさかTA2020というわけには行かないんだが、何かデジタルアンプは?って思ってたのよね・・

若松のサイトで見る限り200Wクラスのはありそう・・

はてさてどうすっかな・・

ところで、デジタルアンプとお題はつけたがD級動作のアンプと言うことで、それ自体では別にデジタルではない・・
が、これにデジタル入力をつけたものが多いようだなぁ・・

若松ではApogeeのD級パワーICとDSPを乗っけたキットもあったりでなかなか面白そうではある。

もっともこれでクライアントのあるイベントを乗り越えられるかは別問題なんだが・・

卓周りモニターには使えるかな?
機材とその管理 / 2009/12/18 00:59
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
マイクカプセルの話ではないが、ちょっとした工作時、細いケーブルが欲しくなる時がある。
そういうときは、マルチケーブルの中の線を使うと良い。
電磁シールドならカッド縒りなので4本芯線があるし、シールドもある。

パッチ盤裏など、太いケーブルでは往生するとき利用するといいと思うよ・・

このところ、加工品を作るときによく使うのがホットグルー・・エポキシより手軽だし取り扱いが簡便。カラフルだしね・・

スネークなど多くのケーブルなどを法則性を持って扱いたいときは、番号順にバインド線で編んでおくと良い。
若番から一本ずつ編んでおくと絡み防止と縒りを戻すのに使える。
結線を外したあと戻すのも楽だし・・
パッチ盤裏などは特にこれをやっておくことをおすすめ・・メンテがぐっと楽になるはず。施工業者系の人も覚えておくに限るよ。

これは電話屋時代、マンホールの中で覚えた技法。100対の信号線を整理するのに使っていたのだ・・渋谷のマンホール火災の前だけどさ・・

ミキサーにi/o結線したあとも、バインド線で編んでおくと卓や機材の移動などで結線を仮外ししなければいけない時など重宝する。
機材とその管理 / 2009/12/14 19:57
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
はてさて、前回に引き続き、LANケーブルのアナログ応用のバリエーションを考える。
要実験としてもi/oが一本のケーブルで済むならアウトボードへの配線が1本になる。例えばリバーブへの配線・・コンプへの配線など・・ラックの上にはイーサコン一個で機材一台か?
インピーダンスをうまく調整できればコミュニケーション系にも使えそう・・
記録系ビデオならこれでいいかな?構内放送への渡しも十分かも・・
10BASET時代のスイッチングでないハブがあると重宝かも・・でも、高かったよな・・

どうもこういう情報があると果てしなく妄想が広がる良くない癖が・・^^;

もっとも、あまりこれで作り込むとよそのカンパニーとの整合が取れなくなるけど・・
機材とその管理 / 2009/12/14 19:42
コメント⇒4 / トラックバック⇒0
さて、パナ改絡みの記事でShinさんのブログを徘徊したことは紹介した。

本来はそちらを見ていただくべきことだが、関心しきりでこちらでも紹介するが、詳しくはShinさんのいたずらPA工作室をご参照いただきたい。
ここにLANケーブルを利用した4chマルチの製作記事とその使用記事がある。

いや~・・LANケーブルかぁ・・
確かに縒りが入っている・・ギガまで通っている・・理屈としてはアナログにも使えるだろうとは思っていたが、実験も検証もしていなかった・・
そうかぁ・・使えるんだ・・

調整室と調光室との信号線をどう引こうか悩んでいたので、利用させていただこうか・・i/o両方じゃ発振しやすいかななどと妄想・・

某大メーカーの販社系列でシステムエンジニアをしている友人が、100BASE/Tになってから、LAN配線のけイーブル端末工事をする際、最後で縒りをほぐしすぎると、信号が通らなくなる話をしていた。
彼の伝でいうと、ギリギリまで縒りをほぐさないのが信号を通すコツだそうな・・

さて、LANコネクター、今ならノイトリックのイーサコンもあるしね・・伝送性能はともかく頑丈には作れそうかな?

パッケージングその他、自分なりのオリジナルはできるだろうが、いや・・こうした実験を実際にされているのは素晴らしい。

短距離なら十分実用範囲・・ならアナログの卓周りがすっきり出来そうだなぁ・・
機材とその管理 / 2009/12/14 01:53
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 昔書いたグランド周りの記事にコメントを下さったshinさんのブログにおじゃました・・

 いや~面白かった!

 んで、パナソニックのマイクカプセルであるWM61A・・
 改造を施してソースフォロワーで使用するとめっぽう音が良いらしい・・

 んで、ネット内を探したら結構あるじゃん・・この改造記事・・

 一部にそれで録音したソースもあって、いいんだなこれが・・

 ということで、ヤメよう、やめようと思っていた自作の世界にちと逆戻りするか・・


 で、このマイクカプセル・・直径が6mm・・となると、俄然例のダミーヘッドやら3点吊りやら仮想反射板用の常設マイクに使えそうと画策している。
 RODEに実はキャノンコネクタータイプのマイクプリがあるんだ・・これとファンタム供給回路を組み合わせるといろんな使い道が出来そう・・
 ヘッドセット型のダミーヘッドとか・・指揮者台の譜面台の端につけるマイクとか・・禁断のベルトパック利用スピーカーステーションとか・・

 んで、2個で200円なのね・・まぁ回路部品も若干かかるけど・・2個で200円だから・・うん。
 おっと、これはかの秋月さんの価格・・

 こう言って分からない人は手を出さない方がよろし・・

 通常のマルチマイクPAではあまり使わないかもしれないけど・・興味深いなぁ・・

 ということで、10セット入手しました!

 うまくすれば、ズームとかのファンタム供給可能なフィールドレコーダーとセットで結構面白いことが出来そう!
機材とその管理 / 2009/12/10 20:17
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
先の現場で非常に短時間、が、しばしば発生するハウリングに往生した。バンドはロック系のバンド。

もしかしてバンド系の経験の豊富なエンジニアなら周知のことかも知れないが、当方小屋とジャズ系、クラシック系が多かったので悩んだね・・

状況は、ボーカルマイクの下手に転がし、そしてリードギターがストラト。

5-6Kぐらいに短いフィードバックが発生すると言う現象。

そこらを転がしのEQでいくら切っても発生するし、自分でいくら調べても発生せず、演奏していると発生する。

わかります?

で、やっと気がついたのが最後の本番中。

転がしとマイクとギターの向きの関係だったのだ・・

つまり、ストラトは広い面を持っているのでそこで反射してハウる・・が、演奏者は動いているのですぐ消える・・

対策は・・そうネック側に転がしを持ってくればよかったのだ・・

いや~これはバンドオペの経験が相当無いと気がつかないなぁ・・
分かってみれば簡単なんだけどね・・お粗末!
セッティング / 2009/12/02 11:22
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。