プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 さる所で、お師匠さんの語った一言から広がったスタンドスピーカーの指向性制御による明瞭度改善のためのセッティング法を考察してみよう。(自分ではまだ未実験^^;;)

 近年増えているサブローにポールを立て、ミッドハイを上に差し込んだセット。これを単純にスピーカースタンドに立てただけのものと比較していたら、会場の鳴りが違うことに気がついた・・と言うのが発端・・

 師匠と協議していて達した結論は、低域から中低域にかけて緩やかな音響結合が生じ、指向性が生じたことによるのだろうということに。

 つまり、ある程度の距離で二つのスピーカーが波面結合することでラインアレイのような指向性を持つに到ったため背面、及び上下方向への放射が減り明瞭度が上昇し、且つハウリングマージンも上昇したと言うことだ・・

 もちろん、追って検証し実証しなければいけないことなんだけど・・

 これがうまく機能すると、小型スピーカーによる低域指向性制御、ハウリングマージンの改善、明瞭度改善、背面へのリーク減少、遠達性の改善が実現でき、実運用上多大なメリットを生ずることになる。

 これは何もサブローによる必要はなく、ミッドハイでも同様。更には、配置法を検討することで多様な指向性制御が可能になり音響デザインの可能性を飛躍的に広げるのではないかと推察する。
 師匠はヒョウタンから駒と軽やかに仰っていたが、もしかするとものすごい画期的なパラダイムチェンジなのかも知れない・・
スポンサーサイト
セッティング / 2010/06/27 09:16
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 メールにてご質問を頂いたナチュラルディレイについて、せっかくだから今少し詳しく解説しておこうかな・・

 そもそもディレイシステムを使った定位操作については、東欧圏において共産主義特有の巨大会議での明瞭度確保の要求から開発されたと聞いている。おっと、この場合の定位とはLRの各々のスピーカー間のどこに任意の音源(楽器だな・・)をおいたように聞かせるかと言う事と解して欲しい。

 通常、ハース効果と呼ばれるディレイを応用した定位操作法はしばしば解説されるところである。文献も多い。

 ぶっちゃけていうと、音量差をつけなくともある音源を定位させたい分、させたくない側を遅らせると定位が動いていく・・だから、左に楽器を定位させたいなら、右側を遅らせると良い・・というものだ・・
 どのくらい遅らせるとどの程度定位がシフトするのかは忘れた・・^^;;

 で、ここで問題・・このハース効果での定位シフトでは音量差は付けていない・・これに音量差が加わるともっと早く定位は動く・・
 もし、リスナーがセンターなら問題はないが、遅らせたはずのスピーカー側に位置する人にはあまり意味はない・・
 が・・がだ・・音量バランスは変化していない点に注意。

 つまり、ディレイシステムを用いて時間をいじっても音量の変化は伴わないので音量バランスは変化していないと言う点が、ディレイを用いた定位操作法のメリットと言える。

 さて、左右のスピーカー間のどこに音源を定位させるかという課題としてディレイシステムによるハース効果をつかうということは、結局何を意味しているのでしょうか?
 ディレイシステムを使うと言うことの意味はなんでしょうか?

 と言うことなのだな・・

 ディレイを用いて時間を遅らせる・・ということは、リスナーとの関係において、音源がどんどん後に下がっていくということでもある・・
 だよね?だって音の出るタイミングが遅い・・と言う意味は、聞く側からすると音源が奥にどんどん引っ込んでいくことと同義・・(音量と、高域減衰の問題はパス)

 んで、ステレオ再生においてハース効果が発生する理由って、人間は先に出た音の情報に拘束されると言うことを利用しているのだ・・先行記憶の拘束性だ・・
 だから、見通しの良い直線道路で事故が起こるし、鏡の自分はいつも少し若いわけだ・・

 この意味わかりますか?
 人間は常に先に記憶した情報をあとから使いまわす・・と言うことが、ハース効果にも出ていると言うことなのさ・・

 単純に音響生理学だけの問題ではなく、人間の認知システムと大いに関係する問題なのよ・・

 だから、音響家たるもの、人間に対する理解を深めたいと思うのよね・・

 で・・

 横広がりの会場でステレオスピーカー設置をするとどうしても会場内のリスナーの位置によって音量バランスに極端な差が出そうなとき・・
 ミュージシャンのジャンルがナチュラル系ならと言う前提で・・

 視覚は聴覚を凌駕する・・特に位置関係に於いては・・という大前提を基礎におく・・

 リスナーはミュージシャンの立ち位置を脳に刷り込ませている・・と言う状況で、ミュージシャンより後ろにモノラルでおいたスピーカーから出る音・・と言う条件下ならどこから音が出ていると認識するでしょうか?・・とお尋ねしよう・・

 この場合において、すべてのミュージシャンより全リスナーから遠い位置にスピーカーを置く手助けとして、リギングスピーカー設置の意味も大きくなるのだが・・この点についても熟考してね・・

 ということで、普段良くやる仕事で講演会・・式典などでもうまくこのディレイシステムを応用すると、不自然さの無い、でも十分な明瞭度と音圧を稼げるのよね・・もともとが東欧圏の巨大議会で開発されたと言うことを思い出してね・・

 あとは皆さんの想像力と創造力と応用力の問題・・

 もっとも、ディレイシステムは音源、スピーカー、リスナーの関係が一直線の時に威力を発揮する・・
 なら、リスナーも音源も面状になっている時にどうするか・・

 えへへ・・宿題にしちゃおうかな・・
基礎理論? / 2010/06/10 01:57
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。