プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
放射線風評で苦労されているいわきアリオスの音響チーフ、岡田氏が体育館でのSRアプローチとしてVDJなるセッティング方を公開している。
アリオスでの実験会の途上で発見された上下に一間弱離したスピーカーセットをすることで、上下方向に指向性結合が起こり、指向角が狭まることで残響が減り、明瞭度が上がるという簡単ながら現場実務的には大いに役立つセット方である。
昨年のTazko音楽祭(田沢湖祭りの一環)でも、横方向の嗜好性制御に用い(さすがにVDJとは言いかねますが・・)有効であることを確認したのは本ブログでも報告済み。

せて、これを今回は上下のスピーカーの前後位置調整で上下方向にも飛び方を調整できると言う話・・

これは自分でもEAW社のスピーカーの指向性コントロールの技法から技術的には知っていただけに、お~!やられた!気分。

まさに、知っていると使えるとは違うと言うよい事例。(皆様もご注意!:ピアノの弾き方を本で勉強して知っていても弾けないのと同様、各種の現場技法などなど知っていることには何の価値も無いことが多いですね・・セミナーなどで、あ~そんなこと知っている・・と、もし自分がつぶやいていたら注意信号!)

どういうことか・・

スピーカーの放射方向を上げたいときは、メインスピーカーより、下に置いたサブスピーカーを前に出す。
下げたいときはその逆。

その現象が発生する原因。結合波面のエンベロープ(波面の山を結んだ線)の向きが変化するため・・

と言ってもわかりにくいだろうなぁ・・

SP>
 > |
>  |
  > |
    > |
     SP>

こんなイメージ?上向きの波面になる。
逆も可。残響を消したいときはこれ。

もともとEAW社のホーンアレイで200m離れても90db以上と言うアリーナ用スピーカーで5段ホーンアレイをデジタルディレイで精密制御することで放射方向を変える技術がもともと・・

これを簡単な2スピーカーで実現してしまおうというアコギな手法。
が、実効性はあると思う。お試しを。
スポンサーサイト
セッティング / 2011/07/06 22:08
コメント⇒1 / トラックバック⇒0
 先般告知していた第3回北東北音協技術カンファレンス。
 お蔭様をもちまして無事終了いたしました。

 よくもまぁこんな田舎までとおもうほど多くのメーカー、輸入商社さんや参加者の方が集まってくださり、震災のための義捐金も6万ほど。(参加費の半分が義捐金)

 ネットワーク・・自分的にはリレーションとほぼ同義と捉えて使った言葉だけれど、今日気がついた!おわ!ネットーワークってスピーカーネットワークとしても使っている!全然考えてなかった!

 そもそもアナログネットーワークからデジタルネットワーク・・そしてヒューマンネットワークへ・・というお題目にスピーカーネットワークの概念は考慮されてなかった・・

 失敗だなぁ・・まさかそっちを考えて参加した人いないよね?・・不安・・

 とまれ、ご感想を頂いた限りではご満足いただけたみたいだとは思うのだけれど・・

 こういうセミナー系のイベントを主催するたび思うこと・・学びに値する成果をお持ち帰りいただけただろうか・・こんな田舎までお出でいただいた以上の成果だっただろうか・・協力してくれたメーカーさんや商社さん・・社に帰って成果がありましたと報告できるだろうか・・

 3方良しとまでは行かなくとも、参加したすべての方に些少なりともベネフィットを提供できればと本当に思います。

 はてさて、メインのカンファレンス・・

 当方は事務方やら全体の統括やらで細かい議論には参加できなかったのだけれど、震災を逃れて当市に滞在していただいている方が若干名お出でくださったミニライブ・・

 たまさか当市在住のシンガーソングライター「大木彩乃」氏による不思議な透明感のあるライブ・・
 絶品でした。

 まぁ、音楽に好き嫌いのあるのは仕方ないけれど、その温かい人柄・・でもちょっとひねった視点が微妙なバランス・・ご主人の菅原弘明氏のこれまた納まっているのにはみ出そうな絶妙のアレンジもあいまって、印象に残るライブでした。

 協力社として資料にも名前の挙がっている会社以外にも、記録(カメラ・ビデオ)を撮ってくれた仲間・・
 ビデオ映像を決して反射効率がよくないホリ幕に映せるほどのプロジェクターを持ち込んでくれた業者さん。
 結局結構な数のビデオカメラを統括し、管理してくれたトムラシステムさん!
 今改めて写真を見ると、おお!結構本格的なイベントじゃん!

 いつも我侭な注文で面白いマイクを作ってくれるShinさん。今回は反射板システムともどもありがとうございました。


 で、最後ですが、我侭を許してくれる職場の仲間、後援をくれた我市と教育委員会・・共催という名前の下に会場使用量を免除してくれた職場・・そして、応援してくれた実行委員のメンバー、協力社様、参加してくれたすべての方。活動費として応援してくれた秋田県音響技術者協会、FBSR会、日本舞台音響家協会に感謝いたします。

 今回の反省も含めより早い日程決定とテーマ決定を行い、皆様の付託に答えられればと思います。
セミナー・研究会 / 2011/07/03 01:10
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。