プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
さて、業界で仕事をしているとまれにマイクを一本も使わない仕事もある。
そう、舞踊関係でのポン出し・・まぁ芝居でもあるんだけど・・
このとき、素材を渡されあるいは作り込みして一本のテープなり、MDなりあるいはCDなりにまとめて再生すると思うのだけど、よその人が作ったもので仕事をしてて気になることがある。
どういうシチュエーションで再生されるか分かっているのだったらなぜそれに合わせた処理をあらかじめやっておかないのか?ということ・・
基本の1は
  レベルを合わせること・・
  これはメーター読みではなく聴感上のと言う意味ね。
  再生したときに何となく同じくらいの音量感・・音圧ではなく・・
  になるようにまとめておくと突発自体を避けられる。
  これをコンプで間に合わせようなどとはしないこと・・
基本の2
  音色のイメージを揃えておくこと。
  意図的なものがあれば別だけど・・
基本の3
  コンプも掛けるならあらかじめ掛けて印象の確認をしておくこと

まぁ現場での作業を鳴るだけ減らしておきましょうと言うことだね・・
なんでって?
現場では又別の突発事態が必ず発生するものだから・・そっちに神経を使えるよう余力を作っておこうと言うこと。

音を出した瞬間、ギョ!っとするようなレベルは勘弁だよね・・
でもカセットなどで本番中に渡されたりする状況ではままある・・素人の演芸大会などでは・・
あと、CDやMDで渡されたときは-20位にフェーダーを置いておいた方が安全なことも・・フルテンで録音されていたりするとカセットものとは落差が大きすぎるからね・・

 
スポンサーサイト
ポン出し / 2006/11/18 09:25
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。