プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
管理人が運営委員会の一端を担っているFBSR会技術研修会がこの2月にまた開催される。
東北の音響技術者を中心とはしているが、きわめて実践的でかつ機材を直接操作できる機会の多い研修会で、全国でも際立った特徴を持っている研修会だ。
今年のテーマは「It's Fine Today. One Tow Three Test!」~ヴォイスチューニングとデジタルオペレーション~

まぁ音響測定技術も発達してきたにしても、現場で使い物になる音にするには結局ヴォイスチューニングが欠かせないですよね?ここら辺をデジタル時代だからこそきっちりと押さえましょう!ということです。

また、デジタル時代だからこその一番の恩恵、ディレイシステム。
これはディレイタワー等の大掛かりな補正以外にも回線や圧縮回路、映像とのズレの補正、アレンジしたマイク間距離の補正、PAスピーカーと生音との補正、スピーカーユニット間補正などもはや位相補正か時間補正か微妙なレベルまで補正することが可能になりました。
デジタルならではのメリットを学び利用すること無しに音量補正やEQ補正だけにかまけているとアナログの方が良かったという妙な回帰現象に陥ってしまいます。
そこで、原点に立ち返り、ヴォイスチューニングの基本技術と最新のデジタルならではのオペレーション技術とを同時に学びましょう!というのがテーマです。

詳しいことは下記URLからPDFファイルをダウンロードしてください。

http://www.mediafire.com/?7exn1vz0n0j

講師(予定)は管理人の師匠の一人である岡田辰夫氏。元東京音研の技術部長。現いわき市民文化会館Alios音響部チーフ。
会場は福島県喜多方市の喜多方プラザ文化センター
詳細はPDFファイルで!

さて、この研修会、単なる座学の研修会ではないので大変に役立つ。
またメーカー、ホール技術者、サウンドカンパニーの技術者、放送局、スタジオ技術者、建築音響設計者等、幅広い参加者が特徴で、情報交換会の厚みはものすごいものがある。
ここで新しいビジネスをつかんだり、新しいキャリアに進んだりというきっかけも多い。
是非とも参加してみて欲しい。
そうそう!宿泊と情報交換会は温泉なので、都市部での研修会とは各参加者ともメンタルにだいぶ違いがある。ライバル社同士であってもこの研修会では結構コミュニケーションが進むようだ・・
スポンサーサイト
音響総論 / 2007/11/21 09:42
コメント⇒1 / トラックバック⇒0

コメント

URLの訂正

え~、先に上げたPDFファイル、修正がありましたので、改定してあります。
改定前にダウンロードした方は再度ダウンロードし直してください。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。