プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 さて、拍子木の話を書いたときに一次反射のことも書いたので勢いで・・^^;

 先に書いた拍子木を録音したら生音より一次反射の方が大きかった・・というやつ・・

 これを通常の仕事に敷延して考えるとどういうことになるだろうか・・

 まず、拍子木自体はおそらく指向性の殆どない音。

 かなりの種類の楽器も余り指向性はない・・

 よって、生楽器の音も生音より一次反射の音が強く聞こえていると思われる。ただ、立ち上がりがゆっくりだと測定が難しいのだけれど・・

 さて、ということは、楽器の音以上にホールの音を聞いていることになる・・

 これが何を意味するか・・

 通常、スピーカーからでる音はそれなりにバランスが取れているはず・・
 良いリスニングルームなら市販されているスピーカーはそれなりにチューニングなしでも使える音であるということは、スタジオなどでは顕著に分かる・・
 なのになぜホールなどではチューニングしないと殆ど使い物にならないか・・

 つまり、ここでもスピーカーからでる生音???ではなく、一次反射も含んだ、いや、一次反射の音をこそ聞く・・みたいな状況になりがちだから・・と言えないか?
 これがスタジオモニターをホールに持ち込んでも殆ど使い物にならない理由だ。

 そこで、現在のPA用のスピーカーはこの一次反射を嫌っていらぬ方向に音を極力出さないように設計されている。

 スタジオモニターではまだまだ現役のラジアルホーンやエキスポネンシャルホーンなどの定指向性以外のホーンが、PA現場から消え去ったのはまさにこの理由。ハイエンドオーディオの世界で如何に評判をとろうと、現場で使い物にならない大きな理由の一つでもあるね・・

 また、一次反射の方が大きい・・となりがちなほどなので、ホール(その場の音環境)の癖が必ず出る・・よって必ずチューニングが必要となる・・と言うことなんだな・・

 スピーカーのもともとの素性が良くて、会場の素性が良くて、適切なスピーカー配置と、マイク配置があって初めてノンチューニングのPAが成立する。(たまにあるねぇ)

 と言うことは、かなり素性の良いリスニングルームを持ったオーディオ再生でもある程度のチューニングは必要と言うことだな・・

 今年のFBSR会。
 デジタル時代の今だからあえてヴォイス=チューニングを取り上げる。
 拡声の歴史とともにあるこのチューニング法、FFT計測などもある中、なぜいまだに使われるのか・・そのスキルは現場の技術者にとっては必須。

 今回の期日は2月13-14日、喜多方プラザ文化センターで。詳しくは喜多方プラザの公式サイトからFBSR会のページへ・・参加申請書もダウンロードできます。
スポンサーサイト
雑談 / 2008/01/13 11:10
コメント⇒0 / トラックバック⇒1

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。