プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
ポン出し系の話題が続いているんで、もう一つ。
ポン出し系の仕事は音を出すタイミングが問題になることが多くて、無事音を出せた段階でどうも気が抜けるのか、そのままボーッとしていたり、次の素材のチェックに余念が無くなる人が多い・・
で、DTM系の人が作った素材に多いのだが、ダビングを重ねられた演歌でもよくあることで、妙に歌が小さい、細い、ギターソロなど、ソロ楽器が妙に小さい(押し出し感がない)などと言うことがある。
これを「録音がひどいよねぇ・・」などとそのままにしている人が結構多い。

でもそのことはそこに来ているお客さんには何にも関係ないのよね・・結局楽しめなかったらまぁミキサーとしての評価はともかく、イベント自体が楽しくない・・と言う状態になるじゃない?
だから「普通」に聞こえるよう調整することが大事だと思う。
特に主要楽器(歌も含め)の張り出し感などは中域のEQ操作とフェーダーのちょっとの操作で全然印象は変わるはず。
ここら辺を手抜きせず、きっちりと仕事をするべきだと思う。
歌の印象、ソロ楽器の印象、ビート系の曲なら低域の調整など、いくらでもすることはあるし、それによってイベント全体の印象が大幅に変わると思う。
「録音が悪いんだよね・・声量がないんだよね・・」などとよそに原因を押しつけることは極力止めよう。

どんなにひどい素材でもなんとか普通っぽくする技は前スレでお伝えしたとおり・・
たしかに極端に歪んでいたり途中でぶっつり切れていたりするものはぼやきたくもなるけどね・・^^;;
スポンサーサイト
音響操作 / 2006/11/20 09:40
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。