プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 先般、和太鼓ユニットの仕事を依頼され、オペをしてきた。
 まあスタンドに57と58、あとはピンマイク2本と言ういたってシンプルなアプローチだったんだが・・
 PA自体は奥サイドに音像基準兼モニター、あとはハウスというやり方でまぁそこそこに仕上がったと思う。以前にも記したが、ステージ上でハウスのチューニングをしてしまうという邪なやり方ではあったけどね・・^^;;

 さて、当日、出演者が客席最後列でビデオ記録をしていた。

 HDDタイプのHDビデオで、ツアー中ずっと客席の揺れなどでセクターエラーがでていたので、卓信号を分けて欲しいとのこと・・

 が、ミニステレオに変換するケーブルを準備していなかったので、振動を回避する設置をアドバイスして本番に臨んだにも関わらず、やはりセクターエラーを出していた・・

 当初は和太鼓の強靭な音圧によるエラーかと考えたのだが、ふと思い出した・・

 HDDドライブのサーフェイス検査と言うのは、えらく時間のかかるものだ。

 特にセクターエラーをマップアウトするためのハードフォーマットは1G程度のHDDでも恐ろしく時間がかかったのを覚えている。(何度夜中まで掛かったことか・・)

 ということで、メーカーもドライブメーカーから納入されたHDDを自社でさらにサーフェイス検査なんかするはずが無い。だってそれに掛かる恐ろしいほどの時間はそのままコストを極端に引き上げるはずだからだ・・
 それよりはそのままOSなどをイメージ焼き込みして出荷し、万一トラブルがあったらドライブ交換!その方が安い!と踏んでいるようだ。
 まぁ、巷のHDDの値段を考えると修理なんかしてられないよね・・とは私だって思う。

 で、私自身購入したばかりのPCで立て続けにHDDトラブルに見舞われたことがあった。

 ということは、このビデオもHDD自体に問題があったのだ・・と考える方が正解か?

 大音圧下でのHDDでの録音もごく普通に行なわれているので、ちょっとやそっとの振動が原因とは考え難い・・ましてやビデオなどに内蔵されている小径HDDは耐ショック性も結構優れていたはず・・

 で、初期不良ということで修理に出した方がいいですよとアドバイス。
スポンサーサイト
機材とその管理 / 2008/06/11 12:19
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。