プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 さて、ホール音響絡みの話をちょっと続けたが、生楽器の音に対する建築音響の影響の大きさがよく分かる事例だったのではないかと思う。

 で、スタジオモニターをホールに持ち込んでも良い音がしないよ・・とも以前書いた。

 であれば、我々の主たる仕事のPA用スピーカー(まぁSR用と行っていただいても同義とする)は、その建築音響の影響を回避すべく精密な指向性制御を行っているわけだが、だからといってまさか定規で引いた如くにコントロールされているわけは無い・・

 ということは多かれ少なかれ必ず建築音響の影響は受けているしそれは野外でも地形その他の影響を受けているわけだ・・

 その影響の受け方は発音原であるスピーカーと、受音者であるリスナーとの位置関係でどうしても決まってしまう。
 ということは、10人のリスナーがいると10通りの・・100人のリスナーがいると100通りの・・以下続く・・となってしまう・・

 よって、ある特定の位置に置かれたマイク・・それがどんなに計算され尽くしたものであれ・・で、測定したデータは、そのマイクの位置での話・・となるのは自明と思う。

 よって、特定の場所でFFT計測器などを使って精密にチューニングを追い込んでも、ほんの数センチマイクの位置が変っただけで・・あるいは向きが変っただけでチューニングが違ってしまう確率が高い。

 そういう特定の位置の測定によるチューニングって、他の位置で意味があるのか?と言う問題はつきまとうよね・・

 これはボイスチューニングであっても同じ。
 あくまでその位置でのチューニングでしかない・・というのは否めない事実だ・・

 これらを総合して考えると、チューニングというのはある種の仮定で行なわれているものであって、会場全体におけるなんらの保証もしていないことになる。

 であればこそ、チューニングは神経質になりすぎず、大きなポイントを抑えてあとは、オペレートでカバーする方が会場内のどの位置にいても良い印象になるのではないかなぁ・・

 FFT計測なども、それに頼って仕事を増やすのではなく、スムーズに大枠を決めるためにこそ使って役立つツールなのだと思う。
 ゆめゆめFFT計測に使役されることの無いように・・
スポンサーサイト
音響総論 / 2008/06/12 13:09
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。