プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
他人の褌で相撲を取っているのをShinさんに発見されてしまったので、ついでの勢いでデジタルアンプというかD級動作のアンプが大変に音が良いという記事絡みの話を!

TA2020-020なるまぁ20W+20Wぐらいの出力のアンプ。カマデンのものを皮切りに、若松通商などからリリースされている。

どうも、ずいぶん音がいいらしいのだが、ネット上でチェックする限り多様な意見。

まぁ電源を強化しようとか、カップリングコンデンサーを音が良いでかいヤツにとか色々あるようだが、若松でキットではなく完成品があるのを見つけた・・

どうしようか・・転ぼうか迷っている。

というのも、自分で使う分には職場にはPA用大出力アンプがあり別に困らない・・というのもあるのだが、来春、2月にある研修会のテーマがデジタルネットワーク。
AD/DAを繰り返して使うのか、デジタルでリンクするのかなどの実験過程で最終段のデジタルアンプが業務ではまだないのでどこからか入手できないか・・という話が上がっているのだな・・

んで、いや~いくらなんでもラインアレイをまさかTA2020というわけには行かないんだが、何かデジタルアンプは?って思ってたのよね・・

若松のサイトで見る限り200Wクラスのはありそう・・

はてさてどうすっかな・・

ところで、デジタルアンプとお題はつけたがD級動作のアンプと言うことで、それ自体では別にデジタルではない・・
が、これにデジタル入力をつけたものが多いようだなぁ・・

若松ではApogeeのD級パワーICとDSPを乗っけたキットもあったりでなかなか面白そうではある。

もっともこれでクライアントのあるイベントを乗り越えられるかは別問題なんだが・・

卓周りモニターには使えるかな?
スポンサーサイト
機材とその管理 / 2009/12/18 00:59
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。