プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 たまさか、あるライブハウスの建築途上で相談を受けた・・

 駆けつけてみると、まぁ高級オーディオの機材の中にPA機器が点在している状態なんだが・・・

 タンノイのオートグラフが良い機材かどうか・・エレボイのA-7が良いとかの問題ではなく・・本質的に大人数の中でのフルパワーが日常と考えるか、自分だけのために自宅の中で良い音と考えるかの違いなんだな・・

 某国産A社のウルトラ高級アンプ・・確かに私も良いアンプだと思う・・実際、同じ会社の業務用アンプを調整室のサブアンプにはしているのだけれど・・同社の民生用機材をPAには使いたくないのだな・・

 例えば、片チャン200ワットのアンプを個人のリスニングルームで、いくら能率が悪いと言っても90弱の能率のスピーカーでどこまでゲインが上げられるだろうか・・仮にゲイン調整の無いアンプならプリアンプの動作ステージはどうなるのだろうか・・本来の設計ステージの10%以下で使うことになりかねない・・

 繰り返し言っていることではあるが、どんな回路でも素子でも、その設計の前提となっているレベルステージを逸脱して良い音になるわけがない・・
 業務用機材は一般的にコスト意識の中でそのいっぱいいっぱいの動作を前提に設計される・・
 使用するスピーカーの許容入力と能率と、会場に広さと要求音圧だ・・

 当然、実際の仕様局面ではめいっぱいメーターは振れている。

 翻って、シュミのオーディオの世界ではパワーアンプがフルアップ、なのにプリアンプは9時以下・・なんて設定がよくあるのよね・・

 悪いわけではない・・が・・アンプ設計者からするとちょっと哀しい・・

 人間の耳はすごい能力がある・・というか・・脳には・・と言うべきか・・

 翻って音響機材の能力には限界がある・・

 ここのすり合わせが大事なのよね・・

 如何に、アンプをフルに動作させつつ歪ませないか・・そしてノイズを抑えるか・・この間にしか機材は生かせない・・
 如何に思い入れがあろうと無かろうと、所詮アンプ回路の限界の中での話・・楽器やその集合たるオケのレベルには到達できないっしょ・・

 だから、我々エンジニアはその中で機材を生かし、音楽を生かし・・関わる人達を生かすしか無いのよね・・

 そうそう・・我々人間の聴覚の実効ダイナミックレンジは30db位という意見もある・・これがレベルに応じてスライドしているだけという考え方・・確かにオープンリール時代のダイナミックレンジも、メーターから判断するにこんなもんではある・・
 ということは、音楽も、オーディオもこの範囲内に収まっているのが自然かもね・・
スポンサーサイト
音響総論 / 2010/05/18 22:52
コメント⇒1 / トラックバック⇒0

コメント

よかった!
元気に復帰おめでとうございますか ^^v

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。