プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
ドラムに限ったことではないけれど、フェーダーを上げたとき、メーターばかり触れて聞こえにくいというプレーヤーは結構いらっしゃる。
つまり、放射エネルギー総量は大きいにもかかわらず有効な楽音になっていない・・というやつだ。

プロのミュージシャンであっても、歌でも結構いる。

まぁ、通常は技量が上がらないとなんとも出来ないことが多いので、ほとんど音響屋が口出しできるところではないけれど、ドラムに関してはあまりにチューニングが悪くて音ヌケが悪いという現場に遭遇する。

もちろん、ミュージシャンが嫌がる場合は手出しはできないが、彼ら自身も悩んでいるときは、こんな風にチューニングすると自分の音イメージに近づけやすくて、かつ音響的トラブルも少ないですよと当方でチューニングする場合もないわけではない・・

もちろん、私自身がドラム叩きの端くれだからできる話なのだけど・・・

基本は、各ペグがきっちり揃っていること。これが出来ていないと基音が痩せる。よって何をやっても薄い音になる。これもコツがあるのだな・・
次にジャズ系の演奏者に帰ってくるタイプの、まぁ弾ける音か、あるいはロックポップス系の客席側に抜けていくタイプの音か・・で、打面と裏側のバランスを変えれば良い。このバランスが一番好みの分かれるところ。
これで余分な倍音を消すのか、倍音で綺麗に埋めるのかが分かれる。
どっちにしても基音部分がしっかりしていないと有効な楽音となりにくい。

あと、他の楽器が鳴ったときに共鳴しにくいところに基音チューニングを持ってこないと、本番中雑音だらけ・・

で、チューニングがいくらきっちり出来ていてもエネルギー伝達を無視した演奏をしてはだめなんだが・・
スポンサーサイト
チューニング / 2011/03/01 00:52
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。