プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
放射線風評で苦労されているいわきアリオスの音響チーフ、岡田氏が体育館でのSRアプローチとしてVDJなるセッティング方を公開している。
アリオスでの実験会の途上で発見された上下に一間弱離したスピーカーセットをすることで、上下方向に指向性結合が起こり、指向角が狭まることで残響が減り、明瞭度が上がるという簡単ながら現場実務的には大いに役立つセット方である。
昨年のTazko音楽祭(田沢湖祭りの一環)でも、横方向の嗜好性制御に用い(さすがにVDJとは言いかねますが・・)有効であることを確認したのは本ブログでも報告済み。

せて、これを今回は上下のスピーカーの前後位置調整で上下方向にも飛び方を調整できると言う話・・

これは自分でもEAW社のスピーカーの指向性コントロールの技法から技術的には知っていただけに、お~!やられた!気分。

まさに、知っていると使えるとは違うと言うよい事例。(皆様もご注意!:ピアノの弾き方を本で勉強して知っていても弾けないのと同様、各種の現場技法などなど知っていることには何の価値も無いことが多いですね・・セミナーなどで、あ~そんなこと知っている・・と、もし自分がつぶやいていたら注意信号!)

どういうことか・・

スピーカーの放射方向を上げたいときは、メインスピーカーより、下に置いたサブスピーカーを前に出す。
下げたいときはその逆。

その現象が発生する原因。結合波面のエンベロープ(波面の山を結んだ線)の向きが変化するため・・

と言ってもわかりにくいだろうなぁ・・

SP>
 > |
>  |
  > |
    > |
     SP>

こんなイメージ?上向きの波面になる。
逆も可。残響を消したいときはこれ。

もともとEAW社のホーンアレイで200m離れても90db以上と言うアリーナ用スピーカーで5段ホーンアレイをデジタルディレイで精密制御することで放射方向を変える技術がもともと・・

これを簡単な2スピーカーで実現してしまおうというアコギな手法。
が、実効性はあると思う。お試しを。
スポンサーサイト
セッティング / 2011/07/06 22:08
コメント⇒1 / トラックバック⇒0

コメント

この部分がすてき

あ~そんなこと知っている・・と、もし自分がつぶやいていたら注意信号!
この部分を使わせてください。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。