プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
さて、前回超低音騒音は日本人にとってストレスになる・・かも?・・と書いたが、現実にストレスになっている事例を一つ。まぁ必ずしも音響の話題とも言えないんだけど・・

近隣都市のあるデパートの3階に本屋がある。
そこに勤めると体調を崩すと言うことでそこの従業員の間でちょっとした都市伝説的話題になっている。
まぁ知り合いが勤めていたこともあって野次馬しに行ったさ・・本屋自体は大好きだしね。
さて、現場にたどり着いたら確かに妙に体がだるい・・というか、重く感じる。
しばらく歩き回ってかつ本などを眺めているうちに気がついた。
非常に低い帯域の振動とも音ともとれないものがある。(聞こえるとは言いにくいくらい・・)
で、はたと気がついた。
空調機の分周振動で床が共鳴しているんでないか?っと。
東北なので50Hz。その半分か1/4か。3相モーターならその1/3の倍数か?
で、床が上下動しているみたいなんだ。
上下振動するものの上にいると、下に下がるのは重力加速度か加算されるので簡単に落ちる。
が上がるときには重力加速度に逆らうので重くなる・・この繰り返しでトータルで体が下に押しつけられているような印象になるのではないか?と。
再現実験をしたわけではないのだけれど、ありそうな気がするなぁ・・

実際その場を離れると又体が軽くなった。
ありゃ体調崩すわ・・というのが取り敢えずの率直な感想。
でも、発見は難しいだろうね。
一般にショッピングセンターなどはコスト削減のためコンクリート打設もぎりぎりまで薄く作っているから、振動発生源の対策をしっかりやらないとこういう事例は結構生じるのではないかと思われる。

まぁPAだのではこんな聞こえない音は無駄なので出さないんだけど・・ピュアオーディオでDCアンプの性能はコーン紙が揺れるのが見えるくらいが良いなどと簡単に無責任に書いている評論家もいるけど・・ちょっと考え物かな?

っと、直接には音響に関係のない話題を振ってみました。
スポンサーサイト
雑談 / 2006/12/17 10:03
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。