プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
う~ん・・またダブっているなぁ・・

いいや・・

んと・・昔、あるイベントで踊りのポン出しをしていたときのこと。
本番が始まってもまだ素材テープを持ってこない出演者(おばちゃんたち・・いやちょっと語弊があるか・・元おばちゃんたち・・^^;;)がいて、出番の2人くらい前にようやくテープが届いた・・

これ・・一曲しか入ってませんよね?頭出てますよね?・・A面ですよね?・・と、くどいくらいに念を押して、さて本番。何せ頭出しの確認もレベルの確認もする時間がとれない・・

あっという間に出番。板付きでハイ!カセットスタート・・レベルが分からないので-10db位の所にフェーダーを待機して、出だしで音量を調整してしまおうという作戦。

・・・が・・・音が出ない・・普通は長くても5秒くらいでは音が出ると思うんだが・・と考え、もしや表裏が逆なのでは?などと不安になった・・

っと?「ダンダンダンダン」と人が近づくような足音が?・・何だ?

「あや~・・おど(音)っこ出ねぇ~・・」「バチャン!」「きゅうわ~~ん」と曲が途中からスタート・・

 出演者呆然・・私も呆然・・観客・・大笑い・・・

 最初は何が起こったか分からなかったさ・・でも途中で気がついてしまったね・・

 彼女たちは本番ぎりぎりまで練習してたのだ・・
 そして最後の最後に録音ボタンを押してしまったんだな・・ラジカセの・・

 いや・・確かに録音ボタンが再生ボタンとすぐ隣のラジカセはあるよ・・うん・・同情はしないでもない・・でも、本番用のテープと練習用のテープは別に用意してね・・ってあれほど注意しておいたじゃないか・・
スポンサーサイト
雑談 / 2006/12/26 12:44
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。