プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
さて、仕事を、本番をきっちりと成功させるための非常に大事な力のことを話しておこうかな・・

実際の仕事を引き受けたりプラン、あるいは準備する段階で、あなたはその仕事の全行程をイメージすることが出来るだろうか?

プラン図を書いている様子、機材のリスト表を作る様子、アシスタントの交渉の様子など、本番以外にもたくさんの仕事があるわけだけど、これを具体的にイメージできる人ほど仕事の成功率が高くなる。

機材を繋ぐイメージが出来ていればケーブルの必要数だって的確に分かるし、ステージの広さがイメージできるならケーブルの必要長さも自ずと分かってくる。
出演者の動きが予想できる(イメージできる)なら危険因子も対策することが出来る・・

また、イメージすることによってやるべき事が潜在意識の中に組み込まれていき、並列的に処理できるようになるんだね。
実際人間の普段の行動はほとんど潜在意識によってなされているよね?
ペットのお茶を飲むのだって、「お茶を飲もう」と思っただけで目の前にあるペットを取り上げて口を開け、飲み込む・・なんてのはいちいち意識しちゃ居ない・・その間ほかのことを考えたり話したりしているじゃん。
で、実に95パーセントもの情報処理は潜在意識化で行われているのよ・・
顕在意識(左脳が担当)ってなかなかやっかいで、一度に一つのことしか考えられないし、直列処理だよね・・お勉強なんかはその典型。

でも、現場は多種の仕事をこなさなければいけないし、卓前では特にそう・・

だからイメージを使って潜在意識下(右脳が得意)に手順やなんかを覚えさせておくのが大事。
写真や、手書きの絵を使って始まってから成功裏に終わるまでのイメージを右脳に焼き付かせておこうね。
うまく仕事が回る時って何となく途中とか終わるまでのイメージが浮かびやすい・・てのもあるなぁ・・うまくすると音もイメージ化できるときも・・
管理人の場合は手触り感が出てくればしめたもの。かなりコントロール下に納められる。

まぁ非常に広い範囲の5感がうまく動き出すようにし向けると言うことかな・・
機材トラブルの発見には嗅覚も大事だし、味覚は体調管理に極めて重要。
ハウル前にフェーダーが重くなるようだとかなり快調!

まぁ基礎力がないとイメージも使えないんだけどね・・^^;;
スポンサーサイト
雑談 / 2006/12/29 20:06
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。