プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
さてさて、今回はその他の話。
ホール音響の話は、結構眉間に青筋を立てて語る方がたくさんいらっしゃる。
良いことである。それなくして日本のホールの音は良くならない。

が、ホールの同じ建物内の他の場所(ロビー、会議室、トイレ)とか、普段仕事をしている環境、立ち寄り先、その他諸々の生きている限り関わる場所・・そう言うところの音環境って・・きもちいいっすか?

管理人個人としてはとにかく事務室とトイレの音環境の悪さに閉口しています。

事務室に関してはとにかく暗騒音が大きい!反射音他きつい、吸音率が悪すぎ!とか・・
換気扇の音だけだったのがコピー機械の動作音にサーバーのけたたましいブロアーノイズ!椅子を引いても気になるフロアー、電話やファックスのけたたましい音・・
なんでこれで誰も机をひっくり返さないんだ・・と思うほどなのね・・
おまけに喧騒を逃れて駆け込んだトイレでは身動きしただけでとどろき渡る反響音。トイレットペーパーのホルダーのけたたましい音・・
こういう音感性が日本人の音感性を表しているようで忸怩たる思いがするのよね・・

コンサート会場で良い音って確かに大事。
でもMCの落ち着いた静かなたたずまいとかBGMの穏やかさとか、駅のホームが静かだとか・・まぁ静かと言えないまでもいらいらしない軟らかな落ち着いた音声とか・・

なんでこれほどまでに暴力的な音が町のあちこちに溢れているのか・・
こうしたことに何ら異議を発することが出来ない・・あるいは気がつかないという摩滅した感性に愕然としたものを感じるこの頃・・ってずいぶん昔からか・・

行ったことはないのだけれど・・ヨーロッパはずいぶん静かだと聞く。
本来、静けさを愛する感性は日本人にこそ備わっていたと思うんだけどねぇ・・

そう、これを見ているあなた・・
豊かな音量も確かに素晴らしい!
でも、真の静寂を知っているか?
無限の空間の静寂を知っていてのオペレートなのか?
いや、これは一人音響マンにのみ問いかけるのもではなく、すべての表現者に問いかけたい・・
真の静寂をあなたは表現できますか?
生きると言うことの中で・・



な~んて格好いいこと言ってますがね・・^^;;;;
スポンサーサイト
建築音響 / 2007/01/10 23:20
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。