プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
2007/2/14と15に福島県は喜多方市でFBSR会技術研修会が開催された。
今年のテーマはデジタル伝送で、心と心をつなげるか・・(意訳)というもの。
とかく技術論に偏ってやれデジタルがやれアナログが・と言う話になりがちであるが、それよりもっと大事なものがあるでしょ・・と言うことが原点。

講師の岡田辰夫氏の絶妙の進行とサウンドに酔いながら、考えた。
ノイズの問題、長距離伝送の問題を考えたとき、今後デジタル化は交代すべくも無いことである。

が、たまさかステージに展示されていた実働のMIDAS PR-04シリーズの卓の分厚い音と聞き比べるとアナログの底知れない実力を認識できるのよね・・

舞台は常に生音と拡声音のせめぎ合いの場である。

数年前のデジタル検証の際、演奏中に舞台から客席に降りていったさ・・
舞台上の生楽器の音空間から、舞台端の階段に足を降ろそうかというその瞬間に明白に音が変わる境界線があったことを思い出す。首半分くらいできっちりと分かるその違いに驚いたものだ・・
アナログではそんなことはなかったからねぇ・・

つまり、生音とデジタル音は溶け合わない・・とその時は思ったのね・・

レコーディング業界ではもうあまりこういう議論は聞かれない・・
確かに・・スタジオと調整室は区切られているからねぇ・・
でも、舞台は必ず生の楽器がそこにある・・

ここ2年くらいの製品はさすがにそれほど違和感はなくなった・・

でもやはりどこかに根強く混ざりきらない要素は有るのよねぇ・・

もちろん、デジタルリバーブをさんざん使っておいて何を今更・・と言う議論も十分理解できる。
実際私も使っているし・・
でもね・・やっぱり140とか250とかの音って良かったなぁ・という抜きがたいイメージは残るよね。(管理は大変なんだが・・)

今回、アナログのオーバーレベルでのナチュラルディストーションも参加者は体験できた。
思いっきりつっこまないと体験できない危ない世界。
これはアナログの特権なんだな・・
デジタルだとクリップしたらおしまい・・音が無くなるか盛大に歪むか・・デジタルリミッターでごまかすか・・

じつはこのナチュラルに歪んだときの音が、実に気持ちよかったりする。

悩ましい話だなと・・

皆さんはどう考えますかねぇ・・
スポンサーサイト
音響プラン / 2007/02/17 23:26
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。