プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
さて、システムチューニングというと、例の「へぇ~・・」とか、「うわん、つ~」と、ちょっと初心者には恥ずかしい声を出してやる奴か、SIMあるいはSMAARTのようなFFT解析ソフトを使うか・・と言うものが主流。
が、「へぇ~」はかなりの経験がないと「??」となってしまうし、FFT解析ソフトは高いしこれまた訓練がいる。

初心のうちはどちらもつらいよね・・

でだ・・いつもいつもとはお勧めしないんだけど、誰でも取り組めそうな方法を・・

まず用意するもの、コンデンサーマイク(業務用のある程度以上の品位のものね・・)、まぁ451とか391でいいかと思う。

こいつをボーカル位置に押っ立てる。

で、拡声を始める・・

素材はいらない・・

徐々にゲインをあげ「ふ~ん」とか、「き~ん」が来始め(このニュアンスをちゃんとつかんでね・・いきなりガキーン!では仕事を失うよ・・)のところでGEQを調整。
収まったら更にあげていく。

こうやって概ね6-9ポイント位をいじったところでまとめる。

で、何か再生してみて違和感がないかチェックする。

この方法の考え方は、ハウるのは余分な音のあるところである!という考え方。

実際、高品位なマイクと高品位なミキサー、高品位なアンプ、高品位なスピーカーだと、安物と違ってハウりにくいという事実がある。まぁいそう特性などが高い周波数まできれいに揃うためだな・・

こうしてチューニングしておいて、ボーカルマイクを普通の58などに変えても全然問題はない・・事が多い・・

まぁ、調子に乗ってオーバーEQにならないようにね・・
スポンサーサイト
セッティング / 2007/03/19 01:31
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。