プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
あまり経験がない方で、時々見かけるのだが、電源ドラムでパワーアンプ電源を供給しているにも関わらず、その電源ドラムを巻きっぱなしにしている人を見かける・・
ついつい余計なことをと思いつつ、伸ばすよう進言しているのだが、そもそもアドバイスと言っても知らない人から言われるといやなものだろうなぁ・・

でだ・・電源ドラム、パワーアンプも含めある程度の消費電流のものに使用するなら必ず全部引きだして使用して欲しい。
電源ケーブルは巻いた状態では流せる電流は減るのだ・・
よって、大型のミキサーでも危ない・・

管理人は若かりしころ、電源ドラムの扱いを人任せにして、パワーアンプ電源を巻いたままの電源ドラムでリハを始めてしまい、異臭に大騒ぎしたことがある。融けるのよ・・マジに・・

劇場演出空間技術指針によって演出空間仮説電気設備指針が正式に制定された。
これでも再三にわたって述べられているが、長いケーブル、巻いたケーブルは同じ太さであっても流せる電流量が減る・・そしてそれは発熱として現れる。
単純に長いケーブルと巻いたケーブルではどちらが危険かは言うまでもなく明瞭!

くれぐれもドラムは巻きをほどいて使ってね・・
おっと、マイダスなどの電気を食うミキサーもドラムだと目一杯の電気を食う可能性があるので、注意!

特にアマチュアで頼まれ仕事を引き受けているようなケースも結構多いものと思うけれど、事故の重さは一緒ですよ・・
スポンサーサイト
セッティング / 2007/05/09 11:42
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。