プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
スピーチの明瞭度を確保したい現場の場合、チューニングや確認にはやはりスピーチ系のCDを使うと思う。

チェックCDとしての定番の中にもスピーチが入っていて

女性Na「親ゆずりの無鉄砲な・・・」
男性Na「荒川の上流、ゆたかな自然に・・・」

と言う例のやつは、うなされるほど聞いた人もいるかと思う。

さて、このCD・・
単に直結で再生してない?

最終的にチェックしたいのは実際のスピーチが明瞭度が確保できるかどうか・・だよね?
ということはだ・・マイクが有ってスピーカーからのかぶりなどが有って、と言う環境でチェックするのが当然。

なのにスピーチCDを単に流すだけか?などとチェックを入れてしまう訳だ・・

さて、では具体的にと言われると思うので、FBSR会でスピーチをテーマに研修したときの面白い事例を紹介したい。

もちろん、実際のスピーチでの研修もしたのだけれど、Altecの408を純正指定寸法の桐製のエンクロージャに納めたものを単独で鳴らし、これでスピーチを再生したのだ。
で、これにスピーチで使うマイクをセットし、チューニングやチェックをする・・これが又なかなか具合がよろしい。

まぁ・・桐製の箱がお骨入れに似ているという口の悪い人もいることはいるのだけれど・・

ということで、たぶん100-130口径くらいのフルレンジユニットを使ったスピーカーでスピーチを再生し、スピーチマイクの調整をする・・というのが今回の主眼点。

スピーカーのかぶり具合も含めチェックしやすい。(完全に人間と一緒などと言っている訳ではないよ)

いまなら安価なパワードのスピーカーが各社から出回っているので、これをスタンドにセットして使うのが一番かと思う・・
機会が有ったらお試しあれ・・
自分で喋るよりよっぽど調整しやすい・・

おっと、スピーチの入ったチェックCDをお忘れなく!
スポンサーサイト
セッティング / 2007/06/14 09:28
コメント⇒3 / トラックバック⇒0

コメント

毎回更新されるたびに、くいついて拝読させていただいております。
某SNSからの延長の解説も載っかっているので、大変助けられております。
今回のチェックの件、次回試してみたいと思います。

だはは・・

ふじやん・・変な話が多くてごめんね^^;;

大昔、Niftyなんかに書き散らかしていた話題も散逸してしまったので、なんとか拾い上げられないかなと画策中・・

まぁ、茶々や、突っ込み宜しく!

その桐のボックス

口の悪い人は「骨壷」と言ってたけれど、元Altecの森本さんのサイトの資料集では「Altecこれっきり」と紹介されてました。
で、風呂敷に包んで持って歩くと・・^^;;

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。