プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
さて、反射板の性質は検討した・・つもり・・

で、代替品乃至は技術はあるか・・

で、仮装反射板ならぬ仮設反射板があることは判明した。
まぁ移動式反射板などと称して流通している。

これは移動式のパネル状のもので後方反射、後上方反射をカバーしようと言うもの。
凹レンズ状に配置されることが多く、その場合、客席の一部にレンズの焦点に近いポイントが出来ることが懸念される。まぁ、これは配置の仕方でカバーできる範囲であるかも知れないが・・
また、上方を完全にカバーできる訳ではないので打楽器、チューバ、ユーフォ等印象が大幅にちがう可能性も・・
なにより、反射板をカバーすることを目的としているものなので、結構でかい・・足の奥行きも結構取る・・よって、フル編成のものには邪魔な要素となるかも・・
よって無難な使い方としてはアンサンブル物の補強と言う考え方が良いかと思われる。

さて、管理人は悩んだ・・なぜって?
まず、費用対効果としてのクラシックものの開催比率が少ない・・
つぎに、情けないことに収納場所の確保が出来ない・・脇舞台、奥舞台ともにきわめて狭く、収蔵庫も無い我が小屋では、どうも採用できそうもない・・
難儀して予算を通して購入しても、普段は邪魔で、「外に出せ!」となりかねないのよね・・
なにより、うちの小屋の音環境で良い結果が出る保証がない・・う~ん・・
大掛かりなデモをやって、あきまへんでした・・ではメーカーだってつらかろう・・

ということは、使える条件は、
1、費用対効果の良い方法。
2、収納性の良い道具を使う方法。
3、編成に如何にかかわらず使える方法。
4、黙っていればミュージシャンにそれと気付かれない方法・・^^;;。

これらを満たす必要があることは、ご理解頂けると思う。
さてどうしようか・・

で、クラシックの録音をあらためておさらいしたのよ・・

クラシックの録音は、概ねワンポイント録音と喚ばれる手法が多用される。
まぁA-BとかX-YとかMSとかはあるにしても、いずれワンポイント・・そしてその複数の組合せが多い。

ということは、通常の家庭のリスニングルームでスピーカーラインを写像面と考えると、そこと、実際のホールとの接合面はメインのマイクの位置・・と言うことになる。

つまり、マイクとスピーカーをインターフェースとしてホール空間をリスニングルーム内に再現しようと言う無謀な試みであると言える。
これも再三にわたって述べてきた錯覚のなせる技ですよね・・

ということは、マイクライン乃至はスピーカーラインにワンポイント収音でもオーケストライメージは投影される・・と考えて差し支えないと思う。

では、反射板は?

これは反射板そのものを仮に光(映像)でいうと鏡であると仮定したらどうなるだろうか?と思ったのだ・・

天板にはオケの上から見た映像が観客乃至は演奏者に写像されている。
背板もそう、側板もそう・・もちろん写像される映像の方向はちがってくるんだけど・・

これはその音響的写像をスピーカーで再現すれば可能ではないか?
とすると、再生側のツールはスピーカー・・
収音側のツールはワンポイント収音・・
これを写像と収音の接合面をまさに実際に反射板の位置にすることで再現可能ではないか・・と考えたのが、ヴァーチャル(仮想)反射板の原点だった。

実際にワンポイントで収音したものをリスニングルームで再生すると、音像はスピーカーの奥、ホールの奥行きをとらえた再生になる。

現実の反射板が仮に鏡であったとして、そこに写る映像は鏡と演奏者の間の距離を2倍にしたものとなる。

であれば、ワンポイントマイクを反射板の位置に置く。これで、演奏者と反射板の距離がある。
で、反射板の位置から再生すると反射板に投影される音像イメージは演奏者と反射板の距離分奥に投影される。で、反射板と演奏者の距離更に加わって演奏者に届く・・

これはまさに物理的反射板と演奏者の投影関係に等しいものなので、演奏者にとって違和感は少ないものと想像される。

同じ理屈をリスナーに対しても応用する。

この場合、メインの再生スピーカーは通常の小屋であればプロセとサイドカラムとなるかと思う・・(うちの小屋はリギングしているが)
とすると、生音より反射板用としてセットしたマイクからの音を遅らせれば良い。
実際に整合させるためには、マイクとスピーカーの距離を計り、ディレイを施せば良い。マイク自体すでに演奏者と反射板との距離分離れていることに注目していただきたい。ここでのディレイに更にディレイを掛けて、実際の反射板の効果に近づけるわけだ。

おおまかな概念はこんなもんだけど・・文章だけで分かりますかね?
次回は具体的なセット方なぞ・・気力が続けば・・^^;;
音響プラン / 2007/12/13 11:07
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 我が職場の小屋・・設計屋がミスってスプリンクライーを忘れて積算したため土壇場になって予算不足が露呈し、外壁のレンガも塗装に、大理石の柱も塗装に・・松羽目は省略され、音響反射板もなくなった・・おいおい!
 今をさかのぼること四半世紀以上前のこと・・

 まぁ設計時にも建築時にもいなかった私としては今更何を言っても変らない・・無いものは泣いてもわめいてもない・・いくら演奏者から侮蔑されようと「しんじらんな~い!」と驚愕されようと無い物は無い・・

 無いから音が悪いよ・・で済ませたくないなぁ・・と色々考えて、じゃあ電気音響的にそれをカバーする手段はないだろうか・・と色々考えたさ・・

 いくつかのハードルはある。

 まず、少なくとも日本のクラシック系の演奏家は原理主義者的な人が多く、一切マイクの類いを認めない・・と言う場合が多いのよ・・曰く嘘臭いとか、人為的なものはよくないとか、自然な音でないとか・・
 まぁ言いたいことはよく分かる。しばしそういうPA臭いクラシックの演奏会も聴いたことはある・・が、それはプランナーとオペレータの未熟、乃至は不勉強のさせる技(か、あまりの予算の少なさ)で、音響機材に罪は無いと思う。
 が、ここでその話をしてもしょうがない・・

 で、反射板の効果・・乃至は性質を再考してみた。

 よくできた反射板の場合(このよくできたと言うのがまた問題で、反射板を使うと音が悪くなる場合も多々・・レコーディングなどではそれがあるので結果が悪ければ使わない等と言うことも・・)、まず第一に上方、後方向、横方向に放射エネルギーの大きい楽器の音を、それこそ反射させてリスナーに届ける役割。
 第2に、ステージ上の音響空間と客席の音響空間を結合させ、一次反射や各種残響音を整合させる。(きれいな響きのためには重要、うちの小屋のように汚い響きと言う事例も)
 第3に、演奏者に対し適切なアーリーリフレクションを提供し、楽器の音を完成させることに寄与する。(これは無響室でのヴァイオリンがどうなるか・・また、その無響室のヴァイオリンに一次反射を消した残響だけを足すと、ヴァイオリンの音としてまともになるかどうかを想像してください)
 第4に、ステージ空間でのキャビティ共振を発生させる・・これはどちらかと言うとネガティブなものかも知れませんが、ある種の低音を補完したりと言う意味で全否定は出来ませんねぇ・・
 第5に設計が悪いといらぬフラッターなども・・^^;;

 実際の反射板を使用したにしても、ソロ楽器などの場合(オケではスペースの制約上猶予がない)、非常に細かく位置や向きを調整しないとなかなか満足した音にならない・・というのは小屋付の、あるいはレコーディングで小屋を使った人なら用意に想像の出来ることですね。つまり、反射板が正義ではない・・ということです。

 これは小屋自体にも言えることで、所詮人間の設計した建造物。小屋自体が人為的なものなので、確かにアコースティックかも知れないが結果が悪いことも電気システム同様にある・・と言うことです。
 特にその小屋の音は一旦出来てしまうと容易に変更は出来ませんしね・・

 さて、反射板にはこれだけの要素がある・・と言うことをまず頭にたたき込んで、ではさてどうしようかと管理人は悩んだのよ・・

 続く・・か?
音響プラン / 2007/12/07 09:58
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 さて、管理人の住む地域は民謡の宝庫、と言われる秋田でも更にこれでもかと言うくらい民謡の沢山残っているところである。
 まぁ、沢山発祥の地だからと言って現在名人がいるかと言うとなかなか難しいものではあるが・・

 さて、民謡といっても近年、特に北東北の民謡はPAされることが一般的で、もともとは生演奏だった・・などと説教してもろくなことにならない・・

 勢いモニターにも高い要求を出されるのだが、ポップス、ロック系と違い、サウンドエンジニアとの信頼関係はまだまだ築けていない・・ことが多い・・
 また、モニターを必要最小限にする意義もプロにでさえ、なかなか理解していただけていないようだ。
 結果、自分の音がとにかくモニターからがんがん聞こえてないと「モニター聞こえない!」と騒がれることになる。

 それに、演奏に必要なだけの最小限のモニターという概念もない・・というか、育ってない・・

 で、あっちの要求、こっちの要求・・と言うことをまじめに聞いていると客席の前半分くらいはモニターの音の方がでかい!という恐ろしい状況になる。過去何度か経験済み・・

 昨年の某全国大会からおじさんは考えたね・・

 舞台奥にディレイ基準とモニターを兼ねたスピーカーをセットする。
 さらにサイドフィル的に舞台中と、舞台前(これは通常のサイドフィルでもある)にモニターを置き、これをディレイで合わせ込む。
 もちろんハウスのもだ・・

 そうすると客席からは一見ちょっと遠い音。
 が、時系列的に揃っているので、すべての音がステージ上で聞こえる状態を保ったままモニターとハウスが整合が取れる。

 で、客席的には何にも問題はなかった。

 が、昨年は奥の基準スピーカーをSX1対向でやったので、どうしても地方さんのステージ中央側に位置した人が聞こえづらいという点が残ってしまった。

 そこで、今年はそのインプルーブ(改良)版。

 先にもちょっと述べたように奥基準はSX4対向!
 中フィルと前フィル、そしてハウスだ・・

 SXも4対向ともなると馬鹿にできない。
 低音は結合し大型システム並に出てくるし、音圧も散らない分高いレベルをある程度以上の距離まで確保できる。
 また、指向角もかなり広く取れるので舞台の奥の中抜けも回避できた。

 結果、すべての出演者、地方さんに評判の良いシステムとなったと思う。

 奥基準が遠くまで届く様になったので結果としては一台あたり音圧はむしろ下がり、ハウリングマージンも結構稼げる。もちろん、前に述べたビーミングや中抜けには細心の注意を・・箱なりのしやすいスピーカーなので、共鳴の影響が出難いようにチューニングする必要はあるんだけど・・

 うまく決まったときのSXは、その外観や価格からは想像できないほど良い音になる。その範囲内で使うこともコツなのだろうね・・

 さて、こうして実際に体験し、評価していただいてあらためて思うのだけれど、民謡など伝統芸能系に転がしのモニターはやはり似合わない・・
 音響に求める思想、そして絵面的にも違和感があると思うのは管理人だけか?
 ましてや民舞などの踊りが入ってくると、ヴォーカル用などに舞台端においた転がしはみっともない・・いきおい本番中に捌けさせざるを得ず、人手も資金もかかることになる。

 機材は金さえあればいくらでも準備できるのだけれど、やはりらしさとか雰囲気を重視すると転がしは・・また、転がしでの演奏に慣れた演奏者は少ないと言う点も・・

 もっとも、SX4対向も後に積んでおいて絵面も何も合ったものか!というお叱りは甘受せねば・・^^;;
音響プラン / 2007/11/24 10:45
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
近年、特に北東北の民謡はモニターを盛大に要求するようになった・・
民謡本来の成り立ちからするとPAすらも考え物なのに盛大にモニターをセットするのは考えてしまうものがある。
とはいっても要求されて出来ないとは言いにくい・・これが浮き世の常・・

ところが、やはり目の前にあるモニターからは自分に満足のいく返しが欲しいらしく、特にモニターオペがステージ脇に控えていると注文の多いこと多いこと・・

で、対策として、近年非常に増えてきているのがインイヤーモニターであるのは言うまでもない・・まぁ、モニター音がステージ上にないからねぇ・・でも、ミュージシャンがモニターを要求しているという状況は変わらないので、盛大なモニターになりやすく、難聴などのリスクも飛躍的に高くなる。

で、本質的には第一にモニターオペが目の前にいないこと!

これは注文を付けにくくなる。
第2に・・反則技かも知れないがモニターを目の前には置かないこと・・すべてサイドフィルのような形式してしまうとか・・

これは結構有効で、あまり注文は来なくなる・・んで、演奏がおかしいのかというとちゃんとしてるんだよね・・

よくやるセット法としては、舞台奥にディレイ基準となるメインスピーカーを置き、サイドフィルを各ポイントに配置し、ディレイで合わせ込む。
最後にハウスもディレイで一番奥のスピーカーに合わせると、演奏基準と踊り基準のスピーカーは一番奥と言うことになり、音像的に整合が取れる。

結果、ステージ上の音像的見通しが良くなり、モニターとしても、ハウスとしても使いやすいシステムが出来る。ちょっと客席からは音が遠いけどね・・

ステージ上にモニタースピーカーが無い分、絵的にもきれいだし存外苦情は来ないモンだ・・

ちなみに、私自身も太鼓叩きなのだが、バンドでやるとき、モニターは無くても何とかなることがほとんど・・
曲さえちゃんと知っていれば、リズムがコントロールできて(これは他のメンバーにドラムが聞こえること・・大概は生で大丈夫・・
ルート音が分かること・・(これはベースが聞こえるか・・)
そして歌が聞こえること・これが自分的には一番・・一緒に歌っていれば大概演奏できる・・

私が参加するFBSR会という大変に実践的な音響技術研修会で、音源としての演奏をしたことがある。
このときの合い言葉「ノーギャラ・ノーモニター!」
お粗末
音響プラン / 2007/09/20 20:07
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
某SNSでワイヤレスマイクの混信トラブルの話題が出ていた。

師匠である岡田氏の的確なアドバイスがされていたが、そこであらためて思ったことを記しておこう。

標題のS/N比・・知らない方のために念のためにあらためて説明すると、信号対雑音比率(Signal per Noise)のことである。
まぁ必要な信号が雑音に比べどのくらい大きいか・・という事の用語である。
普通はデシベル・・まぁ電圧比として2倍になれば6db+・・という感じで、昔のアナログレコードはせいぜいが30-40dbくらいのS/Nだったとか使われる。

もちろん、雑音なぞ殆どなさそうなCDであれ、アンプであれ必ずノイズはつきまとうし、当然カタログにも記載されている。

さて、カタログの話はしててもしょうがない・・現場で問題を解決する助けにはならない・・

要は与えられた機材のS/N比の中で裁量の結果を求めなければいけないと言うことだ。

カタログ上のS/Nは基準信号に対しての比として用いられている。
当然、現場ではそのようにきれいに基準信号レベルでくる訳はない・・相手が楽音だからね・・大きいときも小さいときも有る訳で・・

ということで、グランディング対策などやることをやった後のノイズ対策はこのS/N比と言うことの本質を理解しているかどうかが問われる。

信号と雑音比の変化条件
1.信号に比べ雑音が多ければ、当然悪くなる。
2.信号に比べ雑音が少なければ、当然良くなる。
3.雑音に比べ信号が少なければ、当然悪くなる。
4.雑音に比べ信号が大きければ、当然良くなる。

で、現場でS/Nが悪いときいじれないのはどこか?いじれるのはどこか?とすぐに考えよう。

外来雑音に悩まされるワイヤレスのような場合、基本的に外来雑音はライブ会場の外にその元が有るとき、いじりようがないことが多い・・中なら交渉と言う手段も有るが・・

ということは、上記の3か4と言うことになる。雑音が基準になってしまった訳だ・・
とするとS/Nをよくする手段は4しかない・・

では具体的にどうするか・・自分が原因の混信事故を防ぐ意味では安易にトランスミッタのキャリア出力を上げる訳には行かない・・電波法の縛りも有る。

結果、トランスミッタとレシーバの距離を近づけ、相対的に雑音より信号を強くしていくしかない・・電波は球形放射するとして距離の2乗に反比例する・・ということは距離が半分になれば4倍になると言うこと・・

ここで問題・・舞台やタレントにレシーバーに近づけとはさすがに言えない・・

ならばせめてアンテナかレシーバー本体をトランスミッタのそばに置く・・と言うのが4の解決策を実行したことになる。

レシーバーは舞台袖に・・などと言う固定観念を持ち込んでトラブルに泣くよりは、積極果敢に舞台下であっても受信部を持ち込もう・・(当然舞監さんとはちゃんと協議してね・・)

別スレッドでも述べたが、レシーバーと各トランスミッタの距離はなるだけ等距離の方が干渉によるトラブルが少ないと言われている。

よって、ステージセンターライン上のどこかにアンテナが有るとベストと言うことだな・・空いていたらバトンも有効かと思う。

さて、ハウリングの原因であるスピーカーからの回り込みも見方を変えればノイズ・・
この場合、スピーカーからの回り込みが変らないならマイクが音源に近づくのが一番。理屈はもう説明しなくても理解していただけると思う。
下手に離してナチュラルになどと言っていては現場は回らないことも有ると言うことだな・・(録音の場合は別ね)

さて、S/Nをリスナーの立場で考えると回りのノイズとスピーカーの関係も一緒・・
岡田氏いわく「遠くのMSL-4より近くのS200!」
けだし名言!美空ひばりさんのラストのドームコンサートでの小音量分散アプローチの原点だと思う。

とかく大音量スピーカーで集中で!っと考えがちな昨今の巨大ライブでは有るが、耳の健康を考えてももう少し「低音圧大音量感」というアプローチが取れないものかなぁ・・

この、信号と雑音の関係は、ミキサーの中でも当然考慮されるべきだし、普段の操作の中にも沢山ヒントを与えると思う。各自考えてみてね!
音響プラン / 2007/06/17 19:37
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。