プロフィール

ikataro

Author:ikataro
サウンドアンドステージブログへようこそ
一級舞台機構調整技能士(音響機構調整)の管理人(新田康久)が舞台音響技術やその周辺の話題を取り上げます。
管理人の性格上しばしば脱線するかも知れませんが・・
なお、つっこみ、茶々大歓迎ですよ・・
まぁ、お互い直接会ったときに気まずくならない程度にね!

QRコード
QRコード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウンター
忍者解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

舞台音響・PA・SRとライブでの周辺技術

一級舞台機構調整技能士でもある管理人が、舞台音響(PA,SR,Recording)などに関わる話題と技法に迫ってみたりする。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
 TRSなどのコネクターは比較的接触トラブルが発生しやすい・・
 まぁ、構造的にも単純だし、ロック機構があるわけでも圧着機構があるわけでもないから致し方の無いところ・・

 そのプラグ側の酸化トラブルの件は前スレでも書いた。

 で、メス側である。

 こちらには電源などのスイッチ機構のあるタイプもある。
 ハーフノーマルなど小細工した機構を利用する場合ももちろんこのスイッチは大丈夫か・・と言う話だな・・

 普通のパーツカタログなどを見ていると、このスイッチ機構に幅広い金属バネを使ったものが多い。
 ところが、ギターアンプやエフェクターなども含め比較的ゴミの多いところ使用すると、この幅広の金属間のどこにゴミがあっても接触不良の原因になりそうなことは想像できると思う。

 つまり、トラブル確率が増えるのだな・・
 んで、それを振り落とそうと何度プラグを抜き差ししても、ゴミはプレート間を移動するだけでなかなか落ちてくれない・・

 その点、オ!ッと思ったのがノイトリックの奴・・金メッキにスプリングワイヤーでの交差型の接点にしてある。

 これならゴミもすぐ落ちそうだなと・・

 もっとも、電源のスイッチなんかに使うには電流耐性がどうかと言う疑問は残るが・・接触不良の回復はしやすそうである。 で、小屋卓のメインアウトのインサーション端子はこいつに交換してもらった・・
 交換後は十五年ほどノートラブル。



 さて、通称キャノンコネクター・・

 愚生らが音響に関わり始めたころJAEキャノンとして普及し始めた。
 その後、亜流品が出始め、スイッチクラフトも普及しだした。

 JAEキャノンはメス側が完全なチューブでスプリング性は無い。が、肉厚なのでくり返しの抜き差しには結構強い。
 で、銀メッキなのですぐに真っ黒になると言う点が厄介。磨くのも大変だし・・前出のキッチンテリナと綿棒、ガーゼには結構お世話になっている。細かいパーツが多いので、ネジがないと言う状態になりやすい。
 スイッチクラフト・・これはメス側がプレス材のスプリング状になっている。新しいうちは調子がいいが、開きっぱなしになって接触不良を起すこともあった。
 ミニキャノンはここの専売なのでバウンダリーやトランスミッタには欠かせない。
 ♀コネクターのテーパーがほぼ58と揃えてあるので、テレビなどでは絵面がきれいで助かったものだ・・(今は殆どワイヤレスだからなぁ)
 さて、その後業界を席巻したノイトリック。1980年頃の創業で82年に日本に紹介されたとはサイトでの情報。リヒテンシュタイン公国と言うヨーロッパ王族の力学の拮抗点に出来たような小さな国の発祥。
 このコネクターの特徴は部品点数の少なさと作業性の良さがまず上げられる。金属ビスも全く使っていない・・
 これはケーブルメーカーにとっては工数を減らせるし、機材メーカーでもトラブル対応が減るため一気に採用が広がった。
 また、金メッキをいち早く導入したため、酸化によるトラブルが少ないこと、金自体は非常に柔らかいため接触面が幅広くかみ合い接触抵抗が多くの場合少なくなるなどのメリットがある。銀は固いので点接触になりやすいのよね・・
 もっとも、メス側がやはりプレス材のスプリングになっているので、長い間に広がってしまうと言う懸念は無いわけではない・・
 あと、ベース材の熱耐力が弱めなので、手早いハンダ付けが求められるかな・・
 ♀とTRSの混在コネクターやスピコン、パワコン、イーサコンなど新しい概念のコネクターも次々に開発していてそれなりの品質を維持しているのはさすがと思う。
 これまた亜流メーカーは多々・・

 音響系で使われるコネクターの種類は・・まぁコンシュマー用のミニ規格は別として、TRS、47、キャノン規格相当品(3-5ピン)、スピコン、RCA端子、バイポスト端子で信号系はカバーできる・・
 AC電源も3端子型が一般化した・・これはコンピュータのおかげか・・

 で、厄介なのが電源別機材の直流端子・・

 電源アダプターでさえ3種類の直径と極性のばらつきが有り、大型ミキサーの奴は千差万別・・もう少しスマートに統一できないものかと思っちゃうなぁ・・
機材とその管理 / 2010/01/09 10:13
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 うちの小屋の改修工事の時、まだ安価なアンプが少なかった頃だった。
 で、結局メインのアンプ以外の部分にはTRS端子のものを準備した。

 で、このところ、各種イベントでモニター系のノイズが気にかかるようになったのね・・

 「ジー」と言うか「チリチリジー」というか・・そんな感じの音。

 当初、電源の回り込みかとか色々やったが消えない・・
 んで、先般、ケーブルを変えたら直ったと言う報告も有り、ケーブルかなとチェックしたら、問題なし・・

 と、有るところで特定スタジオで機材に電波が乗るというトラブルの原因を探るという話に参加して答えたことに一つに、コネクターがある程度古くなって酸化皮膜が出来、それを異種金属が挟んだ状態になると一種のダイオード状になり、検波されて電波が乗ってしまうことが有るよ・・と答えたのだな・・

 で、ハタと気がついた・・

 そっか・・うちの小屋のモニター系のノイズもそれかも・・っと・・

 やってみましたよ・・ピカールならぬキッチンテリナというリンナイで昔発売していたえらく細かいコンパウンドを使った磨き剤で・・

 そしたらすっかり良くなったのだな・・

 見た目殆ど酸化被膜らしきものは見えないんだが、やはりうっすらと酸化していたらしい・・磨いたらやたら光るしね・・

 110プラグの頃は暇があればプラグ磨きをしていたものだ・・真鍮無垢財だったのでうっかりするとすぐ錆びてくる。これはいやでも磨かないとまずかったのよねぇ・・
 んで、今のニッケルメッキのプラグはよく分からないのよ・・だからまさかと言う気持ちも若干あったのだけど・・

 見事にそれが原因だったのだ・・

 他人のところのトラブル対策では原因を考えれたのに、自分のところではそれまで頭が回らなかったというのはお恥ずかしい限り・・

 まぁ、諸兄のところでも、時々はプラグを磨いて見ていただきたい・・一回り音がすっきりすること請け合いである。

 そうそう、下手な洗浄剤なんか使うより、まず物理的に磨き込むことね・・そして酸化防止剤系を使えば良い。物理的に磨かないとなんの意味もない・・薬品頼みは良くない・・金属表面の平滑度の改善は薬品ではされないからね・・
機材とその管理 / 2010/01/09 09:26
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
 さて、自分なりにコストと性能、管理のしやすさなどを十二分に考慮して設計したつもりの、我が小屋の機材群。

 平成六年と七年の工事だったので、早一五年を経過した。

 先般のブログに書いた卓トラブル以外にも多々トラブルは発生してきつつある。

 某国産のワイヤレスはすでに修理部品が無いと言われている。ベルトパックトランスミッタがヤバ気・・ハンドヘルドも半分は死んだ・・
 先般修理に出して問題ないと戻ってきたDAT・・他の小屋では修理不能と言われているらしいが、我が小屋のもドライブ系がダメ・・個人もちのダブルDATがあるのでまだ何とかなるが・・

 本日、某B社のデジタルEQがとんだか?ディスプレイは完全におかしくなりLEDが全点灯!

 先般某Y社のDEQを修理したばかりだというのに・・

 まぁ、PC関連部品はパーツの密集度を上げ、処理速度を上げたいだろうし、そもそも電圧動作なのでパーツの小型化は容易だが、音響って電流も流さないと良い音にならないのよね・・
 するとどうしてもチップパーツの負荷がきついみたいで・・

 当然、耐久性は犠牲になるよなぁ・・
 チップパーツの回路なんて、完成品でも振ると中でコロコロ・・とか、怖いものが結構あるしねぇ・・

 まぁ、世の流れは安くて高性能なんだから、長く使わず早く買い換えてね・・なんだろうが、なんだかね・・特に業務用機器をいじる身としては・・
機材とその管理 / 2010/01/06 21:13
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
他人の褌で相撲を取っているのをShinさんに発見されてしまったので、ついでの勢いでデジタルアンプというかD級動作のアンプが大変に音が良いという記事絡みの話を!

TA2020-020なるまぁ20W+20Wぐらいの出力のアンプ。カマデンのものを皮切りに、若松通商などからリリースされている。

どうも、ずいぶん音がいいらしいのだが、ネット上でチェックする限り多様な意見。

まぁ電源を強化しようとか、カップリングコンデンサーを音が良いでかいヤツにとか色々あるようだが、若松でキットではなく完成品があるのを見つけた・・

どうしようか・・転ぼうか迷っている。

というのも、自分で使う分には職場にはPA用大出力アンプがあり別に困らない・・というのもあるのだが、来春、2月にある研修会のテーマがデジタルネットワーク。
AD/DAを繰り返して使うのか、デジタルでリンクするのかなどの実験過程で最終段のデジタルアンプが業務ではまだないのでどこからか入手できないか・・という話が上がっているのだな・・

んで、いや~いくらなんでもラインアレイをまさかTA2020というわけには行かないんだが、何かデジタルアンプは?って思ってたのよね・・

若松のサイトで見る限り200Wクラスのはありそう・・

はてさてどうすっかな・・

ところで、デジタルアンプとお題はつけたがD級動作のアンプと言うことで、それ自体では別にデジタルではない・・
が、これにデジタル入力をつけたものが多いようだなぁ・・

若松ではApogeeのD級パワーICとDSPを乗っけたキットもあったりでなかなか面白そうではある。

もっともこれでクライアントのあるイベントを乗り越えられるかは別問題なんだが・・

卓周りモニターには使えるかな?
機材とその管理 / 2009/12/18 00:59
コメント⇒0 / トラックバック⇒0
マイクカプセルの話ではないが、ちょっとした工作時、細いケーブルが欲しくなる時がある。
そういうときは、マルチケーブルの中の線を使うと良い。
電磁シールドならカッド縒りなので4本芯線があるし、シールドもある。

パッチ盤裏など、太いケーブルでは往生するとき利用するといいと思うよ・・

このところ、加工品を作るときによく使うのがホットグルー・・エポキシより手軽だし取り扱いが簡便。カラフルだしね・・

スネークなど多くのケーブルなどを法則性を持って扱いたいときは、番号順にバインド線で編んでおくと良い。
若番から一本ずつ編んでおくと絡み防止と縒りを戻すのに使える。
結線を外したあと戻すのも楽だし・・
パッチ盤裏などは特にこれをやっておくことをおすすめ・・メンテがぐっと楽になるはず。施工業者系の人も覚えておくに限るよ。

これは電話屋時代、マンホールの中で覚えた技法。100対の信号線を整理するのに使っていたのだ・・渋谷のマンホール火災の前だけどさ・・

ミキサーにi/o結線したあとも、バインド線で編んでおくと卓や機材の移動などで結線を仮外ししなければいけない時など重宝する。
機材とその管理 / 2009/12/14 19:57
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

お勧め
お勧めその2
Google検索


Google AdSence

RSSフィード
リンク
Adconmatch Service

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。